2019/07/29

BMW x1 オイル交換・前編|輸入車パーツ故障原因と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

BMW X1をはじめbmwパーツ情報をお探しの方へ

bmw エンジンオイルのお問い合わせを参考に

輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい!

外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。輸入車パーツに関する情報を、皆様のお役にたてるよう心がけ発信しています。

BMWエンジンオイル 交換・前編

自動車にとって最も重要な部分であるエンジン。そしてエンジンが正常に機能する為に欠かすことの出来ないのがエンジンオイルです。今回の更新ではBMW x1オーナー様よりご注文いただき、先日お取り寄せいたしましたBMW純正エンジンオイルを例に、エンジンオイルの交換について調べて行きたいと思います。前編では、エンジンオイルの性質や重要性を知る事で、何故オイル交換が必要なのか?放置してしまうとどうなってしまうのかを考えて行きましょう。
BMW 純正エンジンオイル
部品番号

90232405603(SAE-5W-30)

BMW,輸入車パーツ,bmwパーツ,オイル交換001.jpg

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

エンジンオイルとは??

走行中、高熱をおびるエンジン。エンジンは様々なパーツによって構成されています。エンジンオイルは、そのエンジンが正常に機能するため重要な役割を担っています。先ずはその役割を書き出して行きましょう。

冷却
エンジン各部は摩擦や燃焼によって高温状態となっています。エンジンオイルはこれらの熱を冷却します。

密封
精密な構造であるエンジン内部のシリンダーとピストン。それは完全に密着している訳ではなく、そこには僅かな隙間があります。エンジンオイルはエネルギーがそこから逃げてしまわない為に密封する役割も果たしています。

潤滑
エンジン内部ではクランクシャフトや、カムシャフトといった様々なパーツが高速で連動しています。金属同士の焼き付きや磨耗といったダメージを軽減する為の潤滑油としてオイルエンジンを欠かす事は出来ません。

洗浄
エンジンには回転運動や燃焼によってたくさんの汚れが発生してしまいます。この汚れはエンジン性能低下、寿命の低下に影響を与えてしまいます。こういった汚れが留まらないようにする為に、エンジンオイルは汚れを吸着し分散させます。

防錆
エンジン内では、燃焼により高温の熱が発生します。その為、外気との温度差などで水分が発生しやすくなってしまうのです。つまり、その水分が錆びの発生原因となっているわけです。エンジン性能を低下させる錆びの発生を予防する事も、エンジンオイルの重要な役割の一つです。ざっと書き出すだけでもこれだけの役割を担うエンジンオイル。ではエンジンオイルが原因で引き起こされてしまう不具合にはどんな事があるのでしょうか?

BMW,輸入車パーツ,bmwパーツ,オイル交換002.jpg

こんな症状は出ていませんか??

・エンジン音がうるさい
・オイルチェックランプ点灯
・エンジン始動時、走行中の金属音が気になる
これらの症状がある時、下記の事が原因として考えられます。

エンジン異音やオイルチェックランプ点灯 不具合の原因は?

劣化オイルのこびり付き
長く交換を怠ってしまうと、劣化したオイルが固まり、エンジン各パーツに強くこびり付いてしまいます。それはオイルストレーナー等の吸い込み口も詰まらせる為、エンジン内でのオイル循環は不能に。エンジンオイルの循環が出来なくなってしまうと、「潤滑」 「冷却」 「密封」 「防錆」 「洗浄」等、エンジンを正常に機能させる性能が失われてしまいます。つまりエンジンは熱を下げられなくなり、金属同士が擦れ、錆びも発生、更には汚れがどんどん蓄積してしまうという悪循環を生み出してしまうことになります。

エンジンオイル漏れ

エンジンオイルが漏れてしまうケース。この時の原因として考えられる原因の主なものはゴム部分の劣化。通常、ゴムは長年使用する事で劣化し、硬化してしまうものです。ひび割れ等によりオイル漏れが発生。エンジン内のオイルは足りなくなってしまいますね。オイル漏れの程度としては、薄く滲む軽度の症状と、ポタポタと雫が落ちる重度の症状とあります。この重度の場合、車検にも通らないことが殆どのようです。

こびりついたオイルの汚れ、滴るオイル漏れ、放置するとどうなるの??

最悪、エンジン故障に繋がります。その症状は様々ありますが、ほぼ全ての修理には高額な費用が掛かる心配も。不安をあおるつもりはありませんが、エンジンに与える影響は重大です。インターネットで調べれば、エンジンオイルに関して様々な情報が書かれています。中には15年以上、車を乗りつぶすまで交換しなかったなんて事も書かれている記事も見かけました。確かに一概には答えを書けないかもしれません。人それぞれで様々な状況があるでしょう。しかし、ここまで進めてきました様に、オイル交換を怠ったが故に起きる故障やトラブルが有る事も事実です。

エンジンオイル交換・後編へ続く

では実際に交換をしようと考えた時、どのエンジンオイルを選べばよいのでしょうか?また適切な交換時期とは?次回エンジンオイル交換・後編では、エンジンオイルの種類、選び方、交換時期について調べて行きます。

~輸入車パーツ,外車パーツ取り寄せ、新品純正輸入パーツ?リビルト部品?社外部品?~
さてBMW エンジンオイルについてブログを進めてきましたがいかがだったでしょうか?BMWに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。今回のような純正パーツは勿論、リビルトパーツ、社外部品など各メーカーに対応可能です。当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい。

外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?
輸入車部品定価で買っていませんか?外車パーツの事なら、この道40年、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。今回取り上げているbmwエンジンオイル他、各外車メーカーパーツのお問い合わせはページ下部輸入車パーツお見積もりフォームをどうぞ。
【エンジンオイル関連,輸入車パーツ】
ミッションオイル,ロングライフクーラント,ブレーキオイル,レベリングオイル

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -