2019/06/07

プジョー(peugeot) 206パーツ故障!エンジンマウントをお取り寄せ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

プジョーパーツ情報をお探しの皆様へ

輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい!

プジョー(peugeot)206をはじめ輸入車パーツの手配でお困りの方はいらっしゃいませんか?またはそれら輸入車パーツを定価で購入されてはいらっしゃいませんか?このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。この道一筋40年で培ってまいりました経験と知識、そして全国に築き上げた独自のネットワークを駆使して、あなたの部品探しをしっかりサポート!輸入車パーツ専門 ㈲ パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。

プジョー(peugeot)206 エンジンマウントを早急に手配しました!

エンジンルームから聞こえるガタガタという異音。もしかしたらエンジンマウントのトラブルかもしれません!
今回の更新で参考にさせていただくのはプジョー206 オーナー様からいただいた「エンジンマウント」のお問い合わせです。

もしかしたら消耗品としての認識が低いパーツかもしれませんが、エンジンマウントもブレーキパッドやオイルなどと同様に劣化し交換が必要なパーツの一つです。劣化し不具合が発生してしまう時にはどんな症状が発生してしまうのか?また交換に関して知っておくべき情報にはどんなことがあるのか?を調べまとめてみたいと思います。

プジョー 206 純正エンジンマウント(1807V8)の参考情報を見る

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

エンジンマウントとは?

地味ながら重要部品の一つといえるエンジンマウント
エンジンマウントとは車体にエンジンを固定する為にある部品です。もしもエンジンをボディーに直接取り付けてしまったら物凄い振動がユーザーに直接伝わる事になってしまうため一般的にはゴム製のモノを介して取り付けられているのですが、このゴムの部分がエンジンマウントと呼ばれる部分です。他定期交換を要するパーツと比べると印象は薄れるかもしれませんが、エンジンマウントもまた交換が必要となるパーツの一つであり、自動車にとって心臓ともいえるエンジンを支える重要なパーツの一つです。

ゴム製であるがゆえに避けられない経年劣化
素材には柔軟性が求められることから一般的にはゴムが使用されており防振や制動といった部分を抑えています。エンジンマウントがあるおかげでユーザーの快適性が保たれているといっても過言ではないかもしれません。

ただ素材がゴムである事や、常にエンジンからの強い振動を受け続けている事から、エンジンマウントにとって経年劣化は避けられないものとなってしまいます。ではエンジンマウントが劣化してしまった時にはどんな症状が発生してしまうのか?次の段落で調べてみましょう。

エンジンマウント 劣化時の症状

ご自身の車にも次の様な症状はありませんか?

  • アイドリング時の振動が大きくなってしまう
  • 走行時に車内に響く騒音が酷くなってしまう
  • AT車 ニュートラル状態とドライブ状態とで振動が変化する
  • MT車 低ギアでのシフトチェンジがスムーズに行えなくなる

エンジンマウントの劣化によって発生してくる症状としては、やはり振動と騒音が代表的です。オートマ車でブレーキを踏んだままニュートラル状態とドライブ状態とで振動に大きな違いがあるようであれば劣化はかなり進行している状態かもしれません。またMT車では低ギアでのシフトチェンジがし難くなってしまう症状も発生してくるようです。加速した時や減速した時にエンジンがぶつかるような異音が発生するようであれば、エンジンマウントが機能出来なくなっている状態かもしれません。

エンジンマウント不具合の確認方法

先ずは簡単な方法で劣化具合を確認してみましょう!
目視によるエンジンマウントのチェックを行おうとするとジャッキアップをしなければ確認する事は出来ません。それでは手間もかかってしまいますので簡単に行える確認方法を調べてみました。

  • 先ずは自動車のエンジンをかけます
  • 次にブレーキを踏みギアをニュートラルに入れてください
  • この時にはまだ振動は強く感じないかと思います
  • 次にブレーキを踏み込んだままギアをドライブに入れてみてください

もしも異常を感じる小刻みなエンジン振動が発生してくるようであれば、エンジンマウントが劣化してしまっている可能性が高くなります。

交換について

交換時期は人それぞれ 発生している症状などと併せてご検討を

車種や走行環境など人によって違いはありますが、もしも走行距離が100000Km前後の方で、エンジンマウントが原因の不具合が発生してしまっているのなら、しっかりと交換を検討されて良いでしょう。

コストについても車種によって違いはありますが、エンジンマウント自体はそれほど高価なパーツというわけではありません。ただエンジン付近の作業となりますので工賃は比較的高額になってくるかと思います。手間のかかる作業ではありますが、自動車にとって重要な部分を支えるパーツの一つですので、交換後の効果実感が期待でき、交換後には振動や騒音が改善されたという感想を多く見聞きします。

中古車購入の時にはエンジンマウントの様なゴム製部品を気にかけてみても良いかもしれません
補足ですがもしも中古車の購入をお考えの方はエンジンマウントをチェックしてみるのも良いかなと思います。たとえば走行距離が少なかったとしても長い年月が経っている自動車はエンジンマウントのようにゴム製の部品が劣化している可能性があります。

まとめ

プジョー206 エンジンマウントをはじめ輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい!
今回参考にさせていただいたプジョー206のエンジンマウントはご注文翌日に当社に入荷。スタッフが丁寧に検品・梱包を施しお客様へ発送いたしました。

必要なのは17桁の車体番号のみ!部品番号がわからなくても安心してお問い合わせください!
お見積もりの際には正確な部品番号などはわからなくても大丈夫です!車検証に記載されている17桁の車体番号(アメ車の場合はダッシュボードのシリアルナンバー)があれば適切なパーツを手配しお取り寄せする事が可能です。部品番号がわからなくても大丈夫です!車検証の車体番号をご準備の上まずはお気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -