2019/10/19

フォルクスワーゲン ボーラ(1J)エンジンがかからない・・! HELLA製クランクポジションセンサーを 早急に手配!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

フォルクスワーゲン ボーラをはじめ輸入車パーツの手配でお困りの事はございませんか?またはそれらのパーツを定価で購入されてはいませんか?このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。この道一筋に培って参りました経験と、全国に築き上げた独自の仕入れルートを駆使して皆様の部品探しをしっかりとサポート!輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。

フォルクスワーゲン ボーラ(1j) クランクポジションセンサー交換!

HELLA製クランクポジションセンサー(06A906433)を早急に手配いたしました!

ワーゲン ボーラの入庫により神奈川県の整備士様からご連絡をいただきました。少々急ぎのお客様との事で出来るだけ早く価格も抑えておきたいとのご要望をいただきました。

さて今回の更新で参考にさせていただくのは、この時オーダーいただきました「HELLA製のクランクポジションセンサー」です。HELLAとはどんなメーカーなのか?そもそもクランクポジションセンサーとはどんなパーツなのか?そして故障時の症状や原因、交換時のポイントなどをまとめていきたいと思います。フォルクスワーゲン(volkswagen)をはじめ輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。


フォルクスワーゲン ボーラ(1J) HELLA製 クランクポジションセンサー 06A906433C 参考情報を見る

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

クランクポジションセンサーとは?

数多くあるエンジン制御センサーの中でも重要な役割を担うセンサーです。
自動車にとってエンジン制御を行うセンサーはどれもとても重要な意味を持っていますが、その中でも特に重要な役割を担っているのが今回ピックアップしているクランクポジションセンサーです。

その機能についてふれるために先ずは「EUC(エンジンコントロールユニット)」について簡単な説明をさせて下さい。ECUは燃料噴射と点火が主な役割となっており下記の事をコントロールしています。

ECU(エンジンコントロールユニット)の主な役割

  • 燃料噴射開始のタイミング
  • どれだけの時間噴射し続けるのか?
  • コイルへの通電開始と停止はいつなのか?

クランクポジションセンサーはECUに重要な情報を送る
そして上記のことをECUが決める為にクランクポジションセンサーが機能しています。点火時間や通電時間が狂ってしまうと理想的な出力を得ることが出来なくなってしまい、エンストしてしまったり、エンジン始動不能などのトラブルが発生してしまったり、最悪の場合ではありますが走行中にエンジンが停止してしまう危険性もあります。

クランクポジションセンサー 故障時の症状

エンジン警告の点灯や加速不良

以前お客様から聞かせていただいた体験談でこんな話があります。国道を走行中にガクガクとした振動のような異変を感じ、そこから徐々にスピードが出なくなってしまったそうです。アクセルを踏み込んでも加速できないため、追突事故の危険を考えて路肩に停めたそうなのですが、その時にちょうどエンジンが停止。もしもそのまま走行していたらと思うとゾッとしました・・というお話です。

こんな症状でお困りではありませんか?
後日調べてみたところ原因はクランクポジションセンサーの故障だったそうです。聞かせていただいた症状含め、主な故障時の症状をまとめてみたいと思います。ご自身の車にも次のような症状はありませんか?

  • エンジンチェックランプの点灯
  • ガクガクとした振動
  • 徐々に速度が低下してしまう
  • エンジンがかからない
  • エンジンが停止してしまう

いかがでしょうか?クランクポジションセンサーの故障はエンジンに関わるトラブルに起因しますし、もしも走行中に止まってしまったらと思うととても恐いですね。

クランクポジションセンサー 交換について

純正品で?それとも社外品で?参考商品のHELLAについて

今回手配いたしました「HELLA(ヘラー)」は世界35カ国以上に拠点を持つドイツを代表する自動車部品関連企業です。市場における技術革新をリードする存在としてライティング技術、電子部品の製造やシステム開発をおこなっています。

ワーゲンをはじめメルセデスやBMWなどに高品質な製品を供給
ドイツのフォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス、BMWをはじめ世界の自動車メーカーに純正供給し、自動車関連の照明部品における世界シェア10パーセント以上を誇るそうです。

ここ日本にもHELLAジャパンがあり、自動車部品に詳しくない方でもこの名前をご存知の方や企業ロゴを見た事ガあるという方も多いのではないでしょうか。社外品のメリットとして価格を低く抑えられるイメージをお持ちかとも思いますが、性能面においても高い品質が期待できます。

クランクポジションセンサー 予防交換は必要?
交換時期として目安になる情報を探してはみましたが、やはり個体差があるため走行距離や使用期間では一概には判断しにくいところがあります。しかしセンサー故障=不動となってしまう事もあるため、出来れば事前に回避しておきたいものですが、恐らく一般の方にとってはクランクポジションセンサーの予防整備や定期交換といってもあまりスタンダードな事ではないのかもしれません。

自動車整備に詳しい方々の話を見聞きしていると、何か他パーツの交換時等についでに交換されている方もいらっしゃるようですが、重大なトラブルを起こしてしまわないように大切なのは先にご覧いただいたような症状が発生した時に放置しないことです。予防整備はもちろん素晴らしいですが、「少しでも不具合を感じたら早めに対応しておく」というスタンスでも良いのかなとは思います。

走行距離や使用期間はあくまでも目安数値として
クランクポジションセンサーの場合、100,000km走行しても故障しないこともありますし、50,000Km程で壊れてしまったという事例もあります。100,000Km付近の方は何かの整備の時に一緒に確認しておいても良いかもしれませんね。また先でご覧いただいた症状がある時にはクランクポジションセンサーの不具合を疑ってみても良いでしょう。出先で動けなくなってしまう状況は出来るだけ回避したいものです。

まとめ

フォルクスワーゲンをはじめ輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい!

さて、ここまでクランクポジションセンサーの交換についてすすめてきましたがいかがだったでしょうか?エンジンにとってとても重要な部品であるセンサーですので、気になる症状など不具合がある時には、放置せずに出来るだけ早く対応しておきたいものです。

「適切な部品番号がわからない・・・なかなか見つからずに困ってしまっている・・・」
もしもそんなふうにお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社までお気軽にご相談下さい。正確な部品番号や、正式な部品名がわからなくても大丈夫です!当社なら車検証に記載されている17桁の車体番号だけで適切な部品を手配することが可能です!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -