bmw 1シリーズ e87 パーツ ELV警告とステアリングコラムのご注文

 

この記事を書いている人 - WRITER -

bmw 1シリーズ e87 パーツをはじめBMW各モデルは勿論、輸入車パーツの交換部品手配でお困りの事はありませんか?またそれら輸入車パーツを定価で購入されてはいませんか?
このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。

長年培ってまいりました経験と独自の仕入れルートを駆使して、あなたの部品探しをしっかりサポート!輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。

今回の更新ではbmw e87 ステアリングコラムのご注文を参考事例にさせていただきました。「ハンドルに鍵マークのついた警告灯」が点灯している方はいらっしゃいませんか?

bmw 1シリーズ ELV警告 ステアリングコラム交換

ELV警告点灯で入庫したBMW E87 整備の為に
エンジン始動出来なくなってしまったというbmw e87、ハンドルロックの解除も出来なくなってしまいレッカー移動にて入庫されたそうです。お問い合わせを下さったのはいつも当社をご利用下さる整備士様。今回の記事ではこの時いただいたご注文を参考に進行して行きたいと思います。

さて入庫されたBMW e87ですが、診断機での検査の結果「ELVユニット」の故障が原因だったそうです。「ELVユニットとは?」そう思われる方もいらっしゃるでしょう。このELVがステアリングロックのコントロールを行っており(詳しくは後述)今回のトラブルの原因になっていたのですが、やっかいな事にELVユニット単体での部品供給がされていないのです。つまりステアリングコラム纏めての交換になってしまいます。

ユニット交換となると当然高額な費用が掛かってしまうため、純正品で交換を行うか他の方法にするかを、お客様と相談中との事でした。当社では基本的には中古品を扱っていないため純正品のみのお見積もりをさせていただきましたが、どちらの選択肢が良いかは一概にはいえません。この点については後ほど書き出してみたいなと思います。

ELVとは? 警告灯の意味とは?

ELV警告が点灯してしまったら走行は控えたほうが良いのか?
ELVとは「電子式ステアリングロックを作動させているコントロールユニット」の事。従来はキーを抜くことで物理的にシャフトを回らないようにしていたのですが、キーを挿さなくなった現代の車では電子的にロックするようになりました。コラムシャフトの中央付近に「ELVユニット」があり、電気信号によってモーターが作動し、「ロックやアンロックを行うシステム」になっています。

今回の記事で参考にさせていただいた方のbmwもそうでしたが、この部分が故障してしまうと、エンジンがかからなくなってしまうだけではなく、ハンドルロックも解除できなくなってしまい自動車移動ができなくなってしまいます。

警告が黄色い状態であればまだ走行する事も可能なようですが、赤くなったまま放置してしまえばエンジン始動が出来なくなってしまうようです。中には段階無く突然赤い警告が出てしまう事も少なくないようですので、出来れば警告が黄色い内に出来るだけ対処しておきたいものですね。レッカー移動が必要な状況になりかねません。

ELVの故障とは?

どんな症状が発生してしまうのか?
エンジン始動できない・・ハンドルロックの解除が出来ない・・先にお読みいただいたこれら以外にもELVに不具合がある時には次のような症状も発生してしまうようです。

  • ステアリングロックの解除ができない
  • エンジン オン・オフのたびにELV警告が点灯してしまう
  • ステアリングロックの音が鈍く違和感がある

ELVがステアリングロックの異常を検知すると走行を危険と判断し、エンジン始動を許可しなくなってしまいます。これによって走行不可能な状態となってしまいます。このような状態になってしまうとステアリングコラムの交換とプログラミング処理が必要となります。また交換作業時にはコラムカバーやステアリング、エアバックユニットなどなどを脱着していかなければならないため、専門的な知識が必要となります。

診断はどのように行う?

BMW 専用テスターでしっかりと
BMW専用テスター「DIS]にて検査を行います。交換作業終了後にプロミング作業を行い作業は終了となるそうです。近年のBMWは専用のテスターがないとしっかりとした整備が出来なくなっていますが、ディーラー以外にも、機材を完備し、専門知識と技術を持った整備工場があります。そういったところであれば純正部品だけではなく、社外品などで交換品検討もしてもらえる所が良いですね。費用を出来るだけ抑えつつ、クオリティもしっかりと出来るならユーザーにとって嬉しい事ですね。

例外としてですが・・一度お試し下さい

中にはちょとした事で改善出来てしまった事例も
あくまでも参考までにご覧いただけたらとは思うのですが予想外の事で警告が表示されなくなったという話を一お読みいただけたらと思います。

そのbmwにはELV警告と共に「リモコン電池残量のエラー」もたまに出ていたそうなのですが、そのリモコン電池を交換したところ、その後ELV警告は全く発生しなくなったという話を聞かせてもらった事があります。

詳細は不明なのですが、リモコンを持っているにもかかわらず電池が弱っていた事で車側がリモコンを見失ってしまい、ステアリングロックを解除できなかった事がこの時のELVエラーの原因だったのではないかと。

もしこれが原因だったとしても、原因不明でステアリングコラムを交換せざるおえない状況もあるのかもしれないなと思い追記しました。可能性はかなり低いのかもしれませんが、BMWでELVエラーが発生していたら、念の為リモコン電池交換を試してみても良いかもしれません。

交換は純正新品で行うべきか?中古品を探すべきか?

担当整備士さんとしっかり相談を!
中古品でも十分にまかなえる箇所もあるかとは思いますし、ケースによっては中古品の方が効率の良いケースもあるかと思います。そしてその逆に出来れば新品のパーツに換えておきたい箇所もあるかと思います。自動車のブレーキに関するパーツや、今回のようなステアリング関連パーツもそれにあたるのかなと思うのですが、そこはユーザーの状況にもよるのでしょうし正解は一つではないのかもしれません。

当社では基本的には中古品は取り扱っておりません。中には品質の良いモノも勿論あるかと思いますし、コストを抑えられるメリットもありますが、もしかしたら早期故障が発生してしまう可能性がある事も考えておきたいポイントです。今回の件では、それらの事を相談の結果、新品純正でのご注文となったそうです。

理由としては部品の保障期間があることと、交換箇所がステアリング関連という事だったそうです。安心して長く走行出来るようにということで話がまとまったそうです。高額な部品ですし、しっかりと考えて納得した方法で交換を行いたいものです。中古品を選ぶとしても、メリット・デメリット等、納得しての交換を行いたいですね。

まとめ

BMWをはじめ輸入車パーツ交換品の手配はお任せ下さい
調べてみるとELVの故障で悩まれている方は多くいらっしゃるようですね。センサーのみの部品供給がない事が辛いところですが、もしもbmw ステアリング関連パーツの交換品手配でお困りの事がありましたら是非一度当社にご相談下さい。

お問い合わせの際には車検証に記載されている17桁の車体番号を、アメ車の場合はダッシュボードにあるシリアルナンバーをご準備下さい。車体番号をお伝えいただく事でお探しの部品をスムーズに正確にお調べする事が出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です