2019/10/18

アルファ164パーツ アイドリングの異変|輸入車パーツの故障の原因と解決策

 

この記事を書いている人 - WRITER -

アルファロメオパーツ情報をお探しの方へ

アルファロメオをはじめ輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい

輸入車パーツ専門㈲パーツスペシャリスト山口です

外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。ここでは輸入車パーツに関する情報を更新しております。「アイドリングが不安定になってしまっているのですが、、」「アイドリング時に回転数が不安定になりエンストしてしまった、、」こんな症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?今回はアルファロメオ164にお乗りのオーナー様からお問い合わせいただきましたBOSCH製アイドルエアバルブについてブログを進めて行きます。

アイドリングエアバルブ ボッシュ 、アルファ164

アイドルエアバルブ故障の原因と交換について

簡単に纏めるとエンジンのアイドリングをコントロールする部品です。エンジン冷温時にはそれを感知してバルブを開放しガスを送り、暖気してくればバルブを絞りガスを少なくする事でアイドリングを安定させる役割を担っています。

小さな部品ですがとても重要な自動車パーツであり、使用する程に劣化していく消耗部品です。内部がモータとなっていてPCM(エンジン制御コンピュータ)の指令でセンター軸が出たり引っ込んだり、先端のテーパー部分でエアの流量をコントロールする仕組みですが、使用に伴いモータ機能が衰えたり、 シャフトが固着気味になってスムーズな動きが出来なくなってしまえば部品交換せざるを得ません。

アルファ164、アイドリングエアバルブ、

アイドリングエアバルブ故障の前兆

  • アイドリングが不安定になっている。
  • エンジンのかかりが悪くなってきているように感じる。
  • エアコンのコンプレッサーがON OFF度にエンジンが不安定になる
  • バックギアに入れると回転が落ちてしまい電圧が下がる。
  • アイドリング時、回転数が不安定になりエンストしてしまった。

アイドリングエアバルブ故障原因の一例

  • アイドルエアバルブを取り外して内部掃除をしてみると、カーボン等のカスがドボドボとでてきた。汚れのつまりによりバルブの動きが鈍くなってしまっている。
  • 経年劣化による不具合、亀裂など破損部分からのガス漏れによりエンジンに正常な働きかけを行えない。

アイドリングエアバルブ故障、対応策について

対応策に関して様々な意見があるかもしれません。掃除をする事で改善できるケースもあれば、実際は成功確率は低いという意見も。完全に壊れてしまえば走行不能の恐れもある為、新品交換を推奨する意見もあります。状況はその人その車によって様々でしょう。一概に正論は導き出せませんが、整備士やディーラーの意見を参考に安心できる対応を行いましょう。

アイドルエアバルブ交換による効果

アイドルバルブを交換、またはメンテナンス後には、アイドリングの安定だけでなくエンジンの吹き上がりも良くなる実感を期待できるでしょう。トルクも太くなったように感じる方も多く、エンジンの調子が改善される効果が。

アイドルバルブの交換、清掃などのメンテナンスをまだ一度もされていない方、またはアイドリングの不快感に悩んでいらっしゃる場合は試してみてはいかがでしょうか?

アイドリングエアバルブ取り付け時の注意点

今回の検索で、アイドルエアバルブの取り付けは比較的簡単な作業だという情報を多く見かけました。ですが整備工具が揃っていない場合には想像以上の苦労を強いられる事も考えられます。今回のアルファ164の場合、交換取り付けは比較的スムーズに行う事が出来るかもしれませんが、交換のための手順は車種によって様々であり一概にはいえません。

下記リンク先には取り扱いパーツのほんの一部を紹介しております。輸入車パーツ探しの参考までにご覧いただけたら幸いです。

外車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

さて、ステアリングギアボックスいついて ブログを進めてきましたがいかがだったでしょうか?
ご自身の車に適合するパーツがわからないという方、 適合パーツを探しだすのが大変だという方、 是非パーツスペシャリスト山口にご相談下さい。
純正品は勿論、リビルト品、社外品など各メーカーに対応可能、 外車部品に関するあらゆる部品を取り扱っております。

輸入車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?外車部品、定価で買っていませんか?輸入車パーツの事ならこの道40年パーツスペシャリスト山口まで、 お気軽にお問い合わせ下さい。今回取り上げているステアリングギアボックス他、 各メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -