2018/04/20

ベンツ(benz)gクラス ゲレンデ等 エンジン電装パーツ交換について

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メルセデスベンツ(benz)は勿論、輸入車パーツでお困りの事はありませんか?このページは輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口が更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。輸入車の故障や部品交換でお困りの方にお役立ていただけるよう心掛け更新しております。

Gクラス・ゲレンデをはじめベンツパーツはお任せ下さい

benz ゲレンデなどの各モデルの故障・整備により必要パーツの手配は当社まで!
輸入車パーツであれば全ての車種に対応可能な当社ではありますが、その中でもやはりメルセデスベンツ各種パーツのお問い合わせはとても多くいただいております。

エンジン・サスペンション・ブレーキ・エアコン・内装電装品などをはじめ輸入車のパーツ手配でお困りの事があれば是非一度当社にご相談いただけたら幸いです。長年の経験で築き上げた独自の仕入れルートから、信頼できる製品を迅速に手配致します。

今回の更新ではその中でも比較的多くいただく「エンジン電装関連パーツ」をピックアップ、メルセデスベンツGクラス ゲレンデなどを参考モデルにベンツパーツに注目しておおくりいたします。

ベンツ ゲレンデ等 各モデルエンジン関連パーツでお困りの事はありませんか?

輸入車パーツを定価で買ってはいませんか?仕切り価格が高いと感じてはいませんか?
ベンツ ゲレンデをはじめbenzパーツをお探しの業者様にも、エンドユーザーであるオーナー様にもご覧いただいている当ページでは、故障時の症状や原因についてもふれながら進行して行きます。もしもお急ぎで部品情報をお探しの際にはページ下部バナーより「輸入車パーツお問い合わせフォーム」をご利用下さい。

エンジン関連パーツ 故障時の症状・原因と部品手配について

メルセデスベンツのエンジン関連パーツとなると、実に多くのパーツが存在し関係し合っています。ご覧いただいている方の中にも次の様な症状でお困りの方はいらっしゃいますか?

  • 不安定なアイドリング
  • 加速が弱い
  • アクセルの反応が悪い

これらはエンジン関連パーツの故障や劣化によって発生してしまう症状のほんの一部なのですが、では実際に関係しているパーツにはどんなものがあるのでしょうか?下記その一部を記載します。

エンジンの不調・・!その原因パーツは何?

・エンジン警告の点灯・エンジンがかかりにくい・エンジン回転数が上がらない・不安定なアイドリングといった症状がある時にはイグニッションコイルをはじめ「エンジン電装関係のパーツ」に原因がある可能性があります。関連パーツ一例として次のリストをご覧ください。

  • イグニッションコイルの故障
  • スパークプラグの劣化
  • プラグコード劣化
  • デスビキャップ

例えばプラグコード一つとっても様々な製品が世に流通しています。その中からご自身の車に適切な製品を選ぶとなると、それだけでも一苦労・・もっとスムーズにパーツを手配出来たら・・きっとそんな風にお考えになるユーザーは多くいらっしゃるのではないでしょうか?

純正品を選ぶのか?社外品・OEM製品を選ぶのか?そして納期優先で手配するのか?価格優先なのか?その中で自分に合ったパーツを簡単に教えてもらえないだろうか?もしもそうお考えになっている方がいましたら是非ご相談下さい。

全国のプロフェッショナルからのお問い合わせを日々いただいている当社ですが、近年ではオーナー様自らいただくご注文も数多くいただいております。ユーザー皆様もどうぞお気軽にお問い合わせいただけたら幸いです。

イグニッションコイルやスパークプラグの劣化

ベンツ イグニッションコイルの故障や、交換、部品手配の為に情報をお探しの方へ

こんな症状でお困りではありませんか?

例えば「信号待ちの停車中に「振動」がくるようになってしまった・・」または「アクセルを踏み込んでもスピードが出ない・・」そんな時には「イグニッションコイル」や「スパークプラグ劣化」による不具合が考えらます。

全気筒交換した方が良いの?当社は1本からのオーダーも勿論可能です!

劣化によりイグニッションコイル交換が必要になった。その時一般的にはすべてのイグニッションコイル交換が推奨されています。これは理にかなった事であり、同様に劣化しているであろう他気筒も同時に交換作業しておく事で、整備の手間を削減する等のメリットが期待できます。

しかし必ずしも全ての交換を行わなくても良いのかなとも思うのです。以前ご質問いただいた方にも前期の内容をお伝えした上で、そう回答させていただいた事がありました。ユーザーそれぞれに様々な事情がありますし、お車の状態もまた様々でしょう。「壊れたらしっかりと交換する」そういったスタンスでも良いのかなとも思うのです。

イグニッションコイルは勿論、スパークプラグのご注文は1本からでもオーダーいただけますので是非当社のサービスをご活用下さい。

プラグコード交換について

先のイグニッションコイルやスパークプラグに深く関連するパーツの一つとして「プラグコード」というパーツがあります。

プラグコードとはどんな高電圧の点火電流を供給するための電線です。イグニッションコイルの高電圧の電流はこのプラグコードを伝い、エンジンルーム内のスパークプラグやディストリビューターへと送られていきます。

プラグコードの不具合によっては・エンジンの異音・排気ガスからのガソリンの臭い・バックファイヤーの発生といった症状が多く発生してしまうようです。1本のプラグコードが断線する事でアイドリングが不安定になってしまう事も。また他機関に悪影響を及ぼしてしまう事もありますので、定期的な交換が推奨されているパーツでもあります。

プラグコードの手配

プラグコードを交換の為に手配が必要となった時、または見積もりが必要になった時には17桁の車体番号をご準備のうえご連絡をいただけたら幸いです。そうして頂く事でベンツ(benz)ゲレンデをはじめ各モデルに対して適切な製品情報をお伝えすることが出来ます。

プラグコード一つとっても様々な製品が世に出回っています。中には一つの製品で多数のモデルに適合するものもありますし、その逆もしかりです。適切なパーツをご要望に添って提案させていただけたらと思いますので、「納期優先」なのか?「価格優先なのか?」といったところも良かったらご相談下さい。

デスキャップやデスローターの手配について

関連パーツのご注文はまとめてどうぞ!!
略して「デスキャップ」と呼ばれるこのキャップはイグニッションコイルからの電圧を伝える役割を持ち、各気筒への配電を行う役割も担っています。こういった関連パーツは幾つか纏めてのオーダーをいただく事が多くあります。

故障原因はどんなところに?
デスキャップと本体のデスビ本体の間にはOリングやオイルシールが設けられていたりもするタイプの場合には、それら細かなパーツの劣化によって、配電部に「水分」や「油分」が入り込んでしまう事でトラブルに起因してしまうケースや、接点の劣化といった原因があります。

ベンツ エンジン電装関連パーツ まとめ

イグニッションコイルやスパークプラグは勿論、デスビキャップ、デスローターなどの交換部品が必要な時には当社のご利用下さい!

ベンツGクラス 通称「ゲレンデ」はメルセデスの中でも特殊なモデルともいわれいます。もともと軍事利用目的で使用されていた車である事がその理由でしょうか。しかしその人気は高く、すれ違う事も多くあるように思います。90年代の古いモデルも未だ高い人気を持ちますが、その分多くのトラブルや故障の報告も。

そしてエンジン電装の整備となるとそれだけ部品点数も多く複雑になってきます。部品発注に時間がかかり、もしも歯がゆい思いをされている方がいらっしゃいましたら是非一度当社をご利用下さい。全国の整備士様をはじめプロフェッショナル皆様に当社のスピード対応と適切なパーツ手配をご評価いただいております。

また近年では持ち込み整備の為などご自身で交換部品を用意されるオーナー様にも多くご利用いただけるようになりました。「部品番号がわからない」そんな時にもご安心下さい。車検証に記載されている17桁の車体番号をお伝えいただければ適切な製品を提案させていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください