2018/06/27

ボルボ(volvo)パーツお問合せ事例一部まとめ 故障原因と交換について

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ボルボ特集 輸入車パーツお役立ち情報

全国からお問い合わせいただくボルボ(volvo)パーツ取り扱い事例そのほんの一部を纏めました。

いつもご覧頂きありがとうございます。そして初めて当ページをご覧いただく方もアクセスをいただきありがとうございます。輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口が輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただけるよう毎週更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。今回の更新ではボルボ(volvo)の故障とボルボパーツに注目し、過去当社にお問い合わせいただいた事例を紹介させていただきます。

ボルボv70, v40, s60, xc90, v40クロスカントリー, ボルボv50, ボルボvs40, s80, c30, c70カブリオレ, ボルボ740, s90, v90クロスカントリー, volvo850エステート, volvo940,ボルボ760, volvo240クーペ, volvo340セダン,etc 様々なモデルのボルボ(volvo)パーツに対応!

ボルボパーツ 当社へのお問い合わせ一例を紹介致します。
例えばボルボ(volvo)突然のエンジン停止によりお問い合わせいただいた事例や、交換によるお問い合わせ事例などなどを参考にさせていただき、各パーツの故障時の症状やその原因、そして交換時期や試用期間目安といった交換に関する疑問をそれぞれのパーツごとに纏めております。

勿論これらは当社取り扱い事例のほんの一部ですので、もしも掲載外パーツをお探しの時には是非お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。ボルボ(VOLVO)をはじめ輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただけたら幸いです。

MENU
VOLVO V50ショックアブソーバー
VOLVO XC90フェールフィルター
VOLVO 生産中止品含むオーダー
VOLVO V70 パワステアッパーホース
VOLVO(volvo)冬の自動車トラブル
VOLVO(volvo)足回り関連トラブル
VOLVO(volvo)等 輸入車車検情報
各輸入車パーツお問い合わせ

ショックアブソーバー交換

ボルボ(volvo)足廻り関連パーツ
中古のボルボv50購入後からしばらくの間は順調に走行できていたというxc90。しかし、ある日から足廻りの不快感を感じはじめたそうです。「フワフワとした不快な乗り心地、走行中の衝撃が直に伝わってくる」そんな症状からの検査の結果、XC90のショックアブソーバーに不具合が見られたそうです。

・カーブでの走行や、右折・左折が困難になってくる
・高速道での直線走行にも支障が出てくる
・真っ直ぐに走れない
・タイヤが異常消耗する
・きつめのブレーキを踏み込んだ際にフワフワとした車体の動きが止まらない
・同乗者が車酔いしやすくなった

「振動吸収装置」であるショックアブソーバーはサスペンションの構成する自動車部品の一部です。スプリングが路面からの衝撃をやわらげ、アブソーバーがその振動を吸収する役割を担っています。もしもショックアブソーバーが機能出来なくなってしまっていたら「フワフワとした乗り心地」や「衝撃」「不快な乗り心地」に起因してしまう事になります。

故障原因と交換について
ショックアブソーバー劣化により発生してしまう「オイル漏れ」、アッパーマウントの劣化、ブッシュ類のへたりによって不具合が発生してしまう事が多くあるようです。リンク先ではそれら原因についても調べ纏めてみました。それら故障原因から交換時に役立てられるような情報をと思うのですが、例えば交換のタイミングや、ショックアブソーバーを構成するどのパーツを交換すれば良いのか?など、そういった事を解決する為の小さなヒントになれたら幸いです。またショックアブソーバー一つが故障してしまった時には4本全てを交換した方が良いのか?などなど記事にしております。
VOLVO V50ショックアブソーバー交換

VOLVO XC90 エンジン不具合

社外フェールフィルターでの交換
フェールフィルター不具合の症状と原因について
エンジンのかかりが悪くなってきてしまったり、フケが悪くなってエンジンが息継ぎをしているような感じがしてしまったり、そういった症状はありませんか?それらの症状の原因はもしかしたらフェールフィルターの不具合にあるのかもしれません。長い坂道を走行し続けたり、高速で長距離を走ったり、そんな時にエンジンが息継ぎを起こしたような状態になってしまったなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

フェールフィルター故障原因
燃料に入り込んだ異物がエンジン内部に入り込んでしまわないようにこのフィルターは機能しています。異物とは「給油時に入り込んでしまう砂埃や雨水、または結露等によって溜まってしまう水分、それら異物を取り除くためのフィルターです。故障原因の多くは「フェールフィルターの詰まり」フィルターが詰まってしまう事によってゴミを取り除く事が出来なくなってしまうというわけです。それによって発生してしまう不具合は、インジェクターによる燃料供給にも悪影響を及ぼします。
VOLVO xc90 フェールフィルター交換

VOLVO PARTS

生産中止品を含むプラグコード等を手配
「変速する時に大きなショックが発生してしまう・・」「不安定なアイドリングが気になっている・・」そんな症状でお困りのオーナー様からいただいたお問い合わせ、こちらの事例では生産中止のスロットルポジションセンサーをはじめ、プラグコードセットやデスキャップ、デスローターといった各パーツを参考にさせていただき記事にしております。

生産中止品 スロットルポジションセンサー
この時のオーダーで調達いたしましたボッシュ製のスロットルポジションセンサー。既に生産中止となってしまっている商品なのですが独自のルートから入手する事ができました。このスロットルポジションセンサーはアイドリング制御のトリガーのような役割や燃料調整といった役割を担い、不安定なアイドリングや、ギクシャクとしたエンジン回転による違和感、燃費の低下などの症状に起因しています。

デスキャップ&デスビローター
ディストリビューターという重要部品、そのディストリビューターを構成する部品の一つとして「デスキャップ」や「デスビローター」が機能しています。デスキャップにはイグニッションコイルからの点火電流を受ける接点があり、その点火電流を各気筒へ分配出切る構造となっています。そしてデスビローターが受け取った点火電流を点火プラグへと伝えます。

プラグコードについて
プラグコードを交換する事で、エンジンの不具合が解消されて力強さが戻ることが期待できます。また低下してしまっていた燃費改善の効果も。もしも「エンジンのパワーダウン」や「エンジンルーム周辺からの異音」「排気温度の警告灯」そういった症状がある時にはプラグコードに原因があるのかもしれません。こちらのページではそんなプラグコードについても記載しています。「交換のタイミングはいつ?」「どのくらいの期間で交換するの?」といった疑問をお持ちの方にお役立ていただけたら幸いです。
VOLVO生産中止品パーツ等交換

VOLVO V70 Ⅱ故障

パワステ故障!アッパーホース等のお問い合わせ
ボルボv70Ⅱにお乗りのオーナー様からいただいた「プレッシャーホース」のお問い合わせを参考に記事を書かせていただきました。「パワステオイルの漏れが酷くなってしまっていた・・・」という事だったのですが、その原因はどうやら「パワーステアリング・プレッシャーホース」にあったそうです。

オイル漏れによるパワーステアリングの不具合
突然ハンドルが重くなってしまったり、ステアリングを切ると異音が発生してしまったり、これら症状はパワステオイル不足によって発生してしまう事が多くあるようです。そしてそのオイル不足の原因に一つにホースからのオイル漏れがあるのです。経年劣化によってホースが硬化してしまう事でひび割れが発生してしまったり、表面が捲れてメッシュ部分が向きだしになってしまったり、高熱による付加に耐えられなくなってしまっていたり、それらの理由からオイル漏れは発生してしまう事があるようです。

交換について
パワステホース交換の時にはパワステオイルを一旦全て抜き取ります。この時「ホースバンド」や「パッキン」といったパーツは新しくしておきましょう。古くなってしまったそれら消耗部品を流用する事で、その部分からのオイル漏れ等のトラブルが発生しやすくなってしまいます。
VOLVO V70Ⅱアッパーホースオイル漏れ

下記リンクには過去当社にご注文いただいた事例の一部をラインナップしております。部品探しのご参考までにもお役立ていただけたら幸いです。

輸入車パーツはお任せ下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。
大切な自動車が故障してしまった時には出来るだけ早く対応したいものです!お急ぎでの見積もりが必要な方も、入手困難なパーツをお探しの方も、よろしければ一度ご相談いただけたら幸いです。当社は欧州車やアメ車は勿論全ての輸入車パーツに対応し適切なパーツ特定・迅速な対応力をご評価いただいております!是非一度お問い合わせ下さい!

適正パーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備したい!と「持ち込み整備」を依頼を行われる方も近年多くいらっしゃいます。当社は多くの個人ユーザー様にもご利用いただいておりますので、もしも初めてご覧いただているユーザー様がいらっしゃいましたら先ずはお気軽にご連絡下さい。

コストを出来るだけ抑えたい・・
希少部品が見つからない・・
社外品やOEM製品・・
適合パーツがわからない・・

そんなふうにお困りの方もいらっしゃるでしょうか?

この道38年築きあげた独自ルートで

輸入車パーツをお探しの時には当社に一度ご連絡下さい。この道38年で築き上げた独自ルートから、お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!
top page
history
パーツスペシャリスト山口ウェブトップページへは「top page」からどうぞ!
「車が好き」その想いから始まったこれまでの歩み、そして会社の歴史をまとめておりますページへは「history」からどうぞ。

冬本番を迎える時期に!
冬を迎える時期になると「暖房が効かなくなってしまった・・!」「エンジンがかからなくなってしまった・・!」・・と、ボルボに限らず自動車にはそういったトラブルが発生しやすくなってきます。またレジャーや帰省で出かける事も多くなってくるかと思いますが、スタッドレスタイヤに履き替えるように降雪地域では通常のワイパーから「スノーブレード」への交換が必要になってくる事も。エンジントラブルに起因するパーツや、暖房が効かない時の原因となるパーツ、そんな輸入車パーツを纏めておりますので輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。

winter car trouble
Heater Snow Blade
Engine

輸入車足回り関連のトラブル
雪道走行の機会も増える冬の時期、自動車足廻り関連の故障も気になる所ですよね。上記リンク先のページではそんな自動車足廻りパーツに注目し、各カテゴリーで代表的なパーツをピックアップしております。ディスクパッドやブレーキローター、マスターシリンダーといったブレーキ関連パーツ、またステアリングギアボックスや、ステアリングラック、パワステといったステアリング関連パーツ、そしてショックアブソーバーやスタビライザーといったサスペンション関連パーツ、これら輸入車パーツ情報をお求めの方にお役立ていただけたら幸いです。

chassis trouble
Brake
Steering
Suspension

輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がお送りしております「輸入車パーツお役立ち情報」今回の更新も最後までごらんいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -