2018/06/27

ドライブシャフト交換・取り寄せ(driveshaft)故障の症状と原因について

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ドライブシャフト交換!

故障時の症状と原因
エンジンからの回転エネルギーをタイヤに伝えるエンジンとタイヤを繋ぐパーツ「ドライブシャフト」故障してしまうとどんな症状が?交換・修理の為に早急に部品を準備したい!そもそもドライブシャフトってどんなパーツなの?輸入車パーツ情報でお困りの方々にお役立ていただけるよう進行して行きます。

自動車走行にとって重要な役割を果たしているパーツであり、ドライブシャフトはとても頑丈に作られています。そうそう頻繁に壊れてしまうような部品ではありませんが、シャフトの両端にはボールベアリングが装着されていたり、シャフトブーツと呼ばれるパーツが破れてしまったりと、関連する部分の不具合によって異音等の症状がでてしまう事があります。

もしも本体交換となるととても高額な費用が必要となるドライブシャフト。
今回の更新ではそんなドライブシャフトの故障時の症状や原因、交換時のポイント、そして車検時の疑問点について調べ纏めてみたいと想います。
輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。

ドライブシャフト故障時の症状

故障の一例
ドライブシャフトが故障してしまった時にはどんな症状があるのか?ここではその事例を纏めておきます。
サスペンションや駆動系の故障初期段階でよくある症状の一例です。
仮にドライブシャフトブーツが破損してしまった状態で放置してしまうと、重要なジョイント部分に影響をきたし「ガラガラ」という大きな異音が発生してしまうようになってしまいます。

グリス飛散による汚れ
前記しましたがドライブシャフトブーツが破損し内部のグリスが飛び散りホイール内部がグリスだらけになってしまう事も。この状態もそのまま放置してしまうのは好ましくありません。破れてしまった箇所からゴミが入り込みステアリングにも悪影響を与えてしまう可能性が。

異音がある状態で車検は通るのか?

走行時に「コトコト・・」となる異音がある状態で車検は通るのでしょうか?以前そんな風にご質問をいただいた事がありました。
ここではドライブシャフトと車検について調べたものを纏めてみます。
異音が発生している状態で車検は通るのか?
車検の時にドライブシャフトの異音は調べません。
ただドライブシャフトブーツ、そしてオイル漏れについては検査することでしょう。

ドライブシャフトブーツ
このブーツが破損してしまっていて
車検葉通過出来なかったという方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?ドライブシャフト可動部には潤滑のためにグリスが塗りこまれています。そのグリスが飛び散らないように、そして可動部保護の為にドライブシャフトブーツが装着されています。

シャフトブーツ交換

ドライブシャフトブーツを交換する場合どのくらいの手間や費用が必要となるのでしょうか?
ドライブシャフトブーツ交換時に純正ブーツを使用しようとなると、シャフトを一旦引き抜きブーツを取り付ける必要があるケースも考えられるため、部品代込みで一箇所数万円かかってしまう事もあるようです。
しかし比較的多く交換が必要となるブーツの交換にそんな金額はちょっと・・。きっと多くの方がそんな風に思われるかと想います。

そこでもっと手軽に交換ができるようにと、リペアキットも発売されております。お乗りの車に適合するキットがあるか、気になる方は一度当社までご連絡下さい。17桁の車体番号をお伝えいただければスムーズにご案内させていただけるかと思います。

こういったキットはシャフト本体を引き抜く事なく、切れ込みのあるブーツを被せ・グリスを充填・その後接着する事でブーツ交換を行います。費用面では前記の内容よりも大きく下げる事が出来るのではないでしょうか。

リビルト品?純正品?

ドライブシャフト交換となるとリビルト品と純正品のドライブシャフトどちらを選びますか?またリビルト品のメリットデメリット注意点はどんなところなのでしょうか?
ドライブシャフト本体を交換するとなったらどんな選択肢を選びますか?
新品純正で用意しようとなると高額な費用が必要となってきますし、さらに左右共となると金額は当然倍になってくるわけですが、「出来るだけ費用を抑えたい・・」そうなってくるとリビルト品という選択肢をお考えになる方も沢山いらっしゃるでしょう。
リビルト部品とは使用済み部品を回収し再生された製品です。
分解・洗浄・研磨・品質チェック・組み付けの工程をしっかりと経て製品化。しっかりとした製品を新品純正部品の1/3~1/5程の金額に抑えられる事も。しかし中には粗悪な商品当も出回ってしまっているためご注意を。
保障等アフターケアはあるのか?など、購入前の確認はしっかりと。
どの部分をリビルトしているのか?質問してみても良いでしょう。
しっかりとコミュニケーションがとれる事など信頼できる場所から購入するようにしましょう。

下記リンクには過去当社にご注文いただいた事例のなかからほんの一部をラインナップしたページをご覧いただけます。部品探しのご参考までにお役立ていただけたら幸いです。

輸入車パーツはお任せ下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。
大切な自動車が故障してしまった時には出来るだけ早く対応したいものです!お急ぎでの見積もりが必要な方も、入手困難なパーツをお探しの方も、よろしければ一度ご相談いただけたら幸いです。当社は欧州車やアメ車は勿論全ての輸入車パーツに対応し適切なパーツ特定・迅速な対応力をご評価いただいております!是非一度お問い合わせ下さい!

適正パーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備したい!と「持ち込み整備」を依頼を行われる方も近年多くいらっしゃいます。当社は多くの個人ユーザー様にもご利用いただいておりますので、もしも初めてご覧いただているユーザー様がいらっしゃいましたら先ずはお気軽にご連絡下さい。

コストを出来るだけ抑えたい・・
希少部品が見つからない・・
社外品やOEM製品・・
適合パーツがわからない・・

そんなふうにお困りの方もいらっしゃるでしょうか?

この道38年築きあげた独自ルートで

輸入車パーツをお探しの時には当社に一度ご連絡下さい。この道38年で築き上げた独自ルートから、お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!
top page
history
パーツスペシャリスト山口ウェブトップページへは「top page」からどうぞ!
「車が好き」その想いから始まったこれまでの歩み、そして会社の歴史をまとめておりますページへは「history」からどうぞ。

冬本番を迎える時期に!
冬を迎える時期になると「暖房が効かなくなってしまった・・!」「エンジンがかからなくなってしまった・・!」・・と、ポルシェに限らず自動車にはそういったトラブルが発生しやすくなってきます。またレジャーや帰省で出かける事も多くなってくるかと思いますが、スタッドレスタイヤに履き替えるように降雪地域では通常のワイパーから「スノーブレード」への交換が必要になってくる事も。エンジントラブルに起因するパーツや、暖房が効かない時の原因となるパーツ、そんな輸入車パーツを纏めておりますので輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。

winter car trouble
Heater Snow Blade
Engine

輸入車足回り関連のトラブル
雪道走行の機会も増える冬の時期、自動車足廻り関連の故障も気になる所ですよね。上記リンク先のページではそんな自動車足廻りパーツに注目し、各カテゴリーで代表的なパーツをピックアップしております。ディスクパッドやブレーキローター、マスターシリンダーといったブレーキ関連パーツ、またステアリングギアボックスや、ステアリングラック、パワステといったステアリング関連パーツ、そしてショックアブソーバーやスタビライザーといったサスペンション関連パーツ、これら輸入車パーツ情報をお求めの方にお役立ていただけたら幸いです。

chassis trouble
Brake
Steering
Suspension

輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がお送りしております「輸入車パーツお役立ち情報」今回の更新も最後までごらんいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください