2018/04/20

メルセデスベンツ(benz) bクラスパーツ CVTトラブルとオイル交換の重要性

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メルセデスベンツ(benz)b180やb170をはじめ各モデルのパーツ故障や部品交換でお困りではありませんか?このページは輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口が更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。ベンツをはじめ輸入車各種でお困りの皆様にお役立ていただけたら幸いです。


※現在ベンツCVTミッションに関するメーカーからの部品供給はなく、当社でも取り扱いはありませんのでご注意下さい。

ベンツ b180・170 CVTの故障について

多発している?CVTホールドとは?

メルセデスベンツBクラスにおいて多く発生しているらしい「cvtが突如ホールド状態になってしまう」という症状。低い変速比のまま固定されてしまうらしくスピードが殆ど出ないまま、エンジンばかりが回転してしまうそうですが、いまご覧いただいている方の中にもそのような症状でお困りの方はいらっしゃるでしょうか?

現在多くの自動車に採用されている変速システムであり、非常に精密な構造となっているCVT。今回はこの部分をピックアップし、「CVT故障」と「オイル交換の重要性」について纏めていきたいと思います。

CVTとは?

Continuously Variable Transmission、略してCVTと呼ばれる無段変速機は、変速ギヤを使用せずに無段階に変速できるトランスミッションの事をいい、2つのプーリー、そしてそれらを繋ぐベルトで構成されています。

CVTは無段階に変速できるため変速時のショックがないスムーズな走行が出来るとされており、最適な変速比を保ち、無駄なエネルギー消費をする事無く、燃費の良い走行を可能にします。

ホールド状態とは?

では先の段落でご覧いただいた「ホールド状態」になってしまたら、どうなってしまうのでしょうか?例えばCVTにあるスピードセンサーの信号が出ていない状態になってしまっていたら、センサーなどの交換では解決出来ない事があるようです。CVTトランスミッションの交換とな、りかなり高額な修理となってしまいます。

またメルセデスのCVTは特殊な為、整備や修理がどこでも出切るようなモノではないようです。一例を挙げると、初代Bクラス・B170のCVTミッション故障の場合などではメーカーから部品供給はなく、ディーラーにて新品のミッションを載せ変える高額な整備を行うか、新車に乗り換えるか?という話になってしまうレベル。ディーラー以外にも国内で修理可能な専門店はあるのですがミッション単体での持ち込みは不可、こちらの修理価格もかなりのお値段。

多くの故障が報告されているCVT関連の故障、ですが修理や整備の現状では上記のような状態にあります。

CVT故障時の症状

メルセデスベンツbクラスで多くある故障
cvtトランスミッションが故障してしまうとどんな症状が発生してしまうのか?もう少しお伝えできたらと思い調べてみました。以下CVT故障に関連する事例です。

スピードが乗らない・・・
CVTのトラブルとしては定番の不具合のようです。走行中にアクセルペダルを踏み込んでも加速してくれず、ペダルを放すと強いエンジンブレーキがかかってしまう・・というものです。

この時の警告表示には「トランスミッション シテイコウジョウデテンケン」そんなふうに表示されるかと思われます。CVTバルブセンサーユニットの故障だった場合、変速動作を読み取る事ができずにプーリーの制御などが正常に行えなくなってしまいます。修理となるとバルブセンサーのユニット交換となってしまい高額な費用がかかる事も。

発進不能
もう一つがセレクターをDレンジに入れてアクセルペダルを踏み込んでもエンジン回転数が上がるだけで前進できない・・・という不具合。そんな時、アクセルペダルを踏み込んでエンジン回転数を上げていると、今度はいきなり車が飛び出してしまうなんて事もあるようです。十分にご注意を。

もしもメーター内に「トランスミッション コショウ」の表示が出た時には、出切るだけ多くの情報を集める事が大切かなと感じました。オーバーホールやユニット交換といった高額な整備が必要なケースが主になってしまうかとは思いますが、中にはコンピューター修理を行う事で解決出来る事もあるようです。ご自身の故障がなんであるかをしっかりと知り、情報を集め、納得のいく対策を行いたいものです。

CVT ミッションオイル 交換の必要性

ベンツに限った話ではなく、長く自動車を使うことを考えるとCVTオイルの交換はしっかりと行った方が「長く快適に」使用できるはずです。この記事の最後にCVTオイル交換についてご覧いただけたらと思います。

  • CVTオイル未交換で発生する不具合とは?
  • CVTオイルは自分で出切るの?

CVTオイルを交換しないとどんな症状が?

「変速時のショックが大きくなる」その原因
「CVTオイルの劣化」が変速時のショックを大きくさせてしまう事に起因してしまいます。
CVTオイルの主な働きは次のものがあります。

  • ミッション内部の部品の潤滑
  • ミッション内部の冷却
  • 作動油としての油圧

ではオイル劣化の原因として考えられる事は?

  • 酸化による劣化
  • ミッション内部の金属片による汚れ
  • 熱による劣化

ユーザーの使用状況や走行環境によって劣化進行の状況は異なるため、一概に期間等の数値による判断が正しいとは限りません。ですが劣化したままのオイルを使用し続ける事にメリットはありません。

まとめ

CVTオイルの交換を
エンジンオイルと同じようにCVTオイルも劣化してきます。劣化によってミッション内部の潤滑や冷却といった機能を発揮出来なくなってしまいます。汚れたまま、劣化したままのオイルを使用し続けるとミッションにダメージを与えかねません。定期的なオイル交換を行う事で大きな故障のリスクを出切るだけ下げたいものですね。

下記リンクには過去当社にご注文いただいた事例の一部をラインナップしております。メルセデスベンツパーツはもちろん書く輸入車部品探しのご参考までにもお役立ていただけたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -