2018/04/27

メルセデスベンツ故障フェールポンプ関連パーツを迅速手配!| 輸入車パーツ故障原因と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

輸入車パーツ情報をお探しの皆様にお役立ていただけるコンテンツを心がけ更新していきます!信頼と実績でこの道38年・港区東麻布から全国へ!迅速なスピード対応・お見積もり・相談無料!外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。

メルセデスベンツV350(W639)フェールポンプ関連パーツ故障による交換

さて今回の更新にて参考にさせていただく事例は、「ベンツV350(W639)」のフェールポンプに関するお問い合わせです。お問い合わせを下さったのは関東近郊にお住まいのベンツオーナー様。インターネットで当社を知っていただき、今回初めてのご連絡をいただきました。

「はじめてなのですが、見積もりだけでも大丈夫なのでしょうか?」
「お問い合わせをいただきありがとうございます。勿論大丈夫です!」
「ネットで見たのですが、17桁の車体番号だけで大丈夫なんですか?」
「ご安心下さい!車体ナンバーをいただければ適正パーツを準備いたします!」

はじめてご利用いただく方の中には、パーツナンバー等の詳細がわからずにお困りの方が多くいらっしゃいますが、どうぞ安心してご連絡下さい。車検証にも記載されている17桁の車体番号のみご準備いただければ、当社が適正パーツをお探しいたします!それでは、上記の事例を参考にさせていただき輸入車パーツの納期や費用に関する情報や、輸入車パーツそれぞれの機能や役割、故障原因や故障時の症状、交換に関する解決策について書き出して行きます。輸入車パーツでお困りの皆様にお役立ていただけたら幸いです!

1・お急ぎで部品情報をお探しの方へ
2・部品番号がわからずお困りの方へ
3・フェールポンプとは?
4・フェールポンプシールについて
5・フェールフィルターとは?
6・交換費用はどの位?金額面と納期について

フェールポンプ関連発送パーツ
お見積もり後ご注文をいただきました商品の一部を記載いたします。今回の「輸入車パーツお役立ち情報」では下記のベンツパーツを例に進行して行きます。

品名:フェールポンプ
品番:6394701294(2910000177600)
参考車種:メルセデスベンツV350(W639)

品名:フェールポンプシール
品番:6394710679
参考車種:メルセデスベンツV350(W639)

品名:フェールフィルター
品番:H276WK
参考車種:メルセデスベンツV350(W639)

【お急ぎで商品情報をお探しの方へ】

今回のケース・お問い合わせからの流れ一例として
①午前中にお電話いただけた事もあり、お問い合わせ当日中に納期・見積もりを報告
②ご注文後、迅速に商品を手配
③今回のケースではご注文翌日に全ての商品が入荷
(日本全国、または本国まで最適なパーツをお探ししますので、遠方から商品を取り寄せる場合には納期は異なります)
④丁寧に検品・梱包後、発送いたしました
⑤入荷翌日には御客様の手元へ商品到着いたしました!

「納期優先でパーツ調達を行うのか」・「価格優先でパーツ調達を行うのか」
どちらかによっても調達方法は変わってきます。例えば地方には更に低コストで提供出来るパーツがあった時、取り寄せに掛かる時間が増える為、もう一日納期が必要になったりします。

もしもお急ぎであれば「多少コストが掛かっても近場から調達を」といったように違いが出てきます。勿論そのような場合にはお客様に相談・報告させて頂きますので、ご自身のご都合にあった方法をご選択下さい。今回のベンツV350パーツは、お問い合わせ後に当社ネットワーク隅々までパーツ情報を集め、全ての商品が揃った時点で発送いたしました。

生産中止品でもあきらめないで下さい!
また、一口に輸入車パーツといってもその調達方法は多様です。
「あるメーカーでは供給が打ち切られたはずのパーツが、設定された型番が違うだけで全く同様のモノが別メーカーから継続供給されている」という事は実は少なからずあることなのです。これは多メーカーの様々な輸入車パーツに精通しているからこそ対応できる当社強みの一つです。お客様がお探しのものと同一のパーツではないにせよ、全く問題なく機能してくれる同等品というものが世の中には多く存在しています!!

本国オーダー時の納期について
本国オーダーの場合その時によって掛かる時間が変わる為、あくまでも一例ではありますがオーダーから約2~3週間程を目安にお考え下さい。

部品番号情報がわからずお困りの方へ

欲しい商品の部品番号がわからなくても大丈夫です!当社がお客様の車やご事情にフィットしたパーツを探し出し提案させていただきます。お客様が欲しいパーツを迅速に手配し、独自のネットワークから商品を調達!17桁の車体番号のみご用意の上どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!

※当社は日々全国各地からのお問い合わせに対応しております。遠方にお住まいの方もどうぞお気軽にご利用いただけたら幸いです。商品情報詳細をお探しの方はページ下部リンクよりお進み下さい。

今すぐ部品の値段・納期詳細を知りたい方は、17桁の車体番号をご連絡下さい
(※1980年以前は17桁ではありません)(※アメ車の場合はダッシュボードのシリアルナンバーを)

お見積もり・お問い合わせフォームは下記バナーからご利用いただけます。お見積もり・相談無料です!是非お気軽に当社のサービスをご活用下さい!

料金詳細

参考商品:フェールポンプ
部品番号:2910000177600
参考車種:メルセデスベンツV350(W639)

(※販売価格はその時の状況により異なります。定価は予告なく変更される場合がありますのでご注意下さい)

※今回紹介させていただきました商品の中からフェールポンプをピックアップし、詳細情報をリンク先にご用意いたしました。他パーツ情報をお探しの方もどうぞお気軽に当社までお問い合わせ下さい。

フェールポンプとは?


車種:BENZ V350(W639)
品名:フェールポンプ
品番:6394701294(2910000177600)

電気制御式のポンプで、燃料をフェールタンクから吸い上げ、圧力を加えた状態で燃料を噴出します。簡単に纏めると、「エンジン」や「ボイラー」等に液体の燃料を供給するポンプです。このパーツが故障してしまうと、エンジンにも影響を及ぼしてしまうことになります。「エンジンのかかりが悪い・・」「エンジンがかからない・・」そんな症状でお困りではないでしょうか?

フェールポンプ・機能と役割

近年の車はガソリン(燃料)をエンジン内部に供給する際、「インジェクタ」ト呼ばれる強力な燃料噴射機で噴射しています。その為には強力な圧力が必要となってくるわけですが、この「圧力」を掛ける事がフェールポンプの主な働きです。

フェールポンプ故障時の症状と原因

故障時の症状として、やはりエンジンに関係するトラブルが発生してしまいます。「通常エンジン始動は正常だが、一旦エンジンを切るとしばらく始動できない」「走行中に止まってしまう・・」「エンジンチェックランプが点灯してしまう・・」といった症状が発生してしまうようです。エンジンにまで影響が及んでしまうと修理に掛かる費用も大きくなってしまいます。

フェールポンプ故障原因

フェールポンプの故障を左右するのはガス欠。ガス欠状態のままでいるとフェールポンプが「空気」を吸ってしまい焼きついてしまう事も。シンプルな事ですがガス欠状態を避ける事が予防策の一つ。ガス欠状態はフェールポンプに悪影響を与えてしまいます。

フェールポンプ交換後の効果

・加速性能が戻りエンジンが静かになった
・調子の悪かったエンジンが止まらなくなった
など、低下してしまっていた燃圧が蘇ります。交換の効果を体感できる事も多いかなと思います。

フェールポンプシールについて


車種:BENZ V350(W639)
品名:フェールポンプシール
品番:6394710679

ポンプシールの劣化によって「オイル漏れ」を起こしてしまう事もあります。以前聞いた話で下記のような事例がありました。

駐車上に漏れ出すガソリン

その方は、燃料ポンプを交換した際、ポンプシールを新しくせずに流用してしまったそうなのですが、それが原因で燃料漏れを起こしてしまったそうなんです。駐車場に車をとめると、何やらガソリン臭い・・。車を降りて確認してみると「ピチャピチャ」と音をたててガソリンが漏れ出してしまっていたそうです。気がついた時には既に多く漏れ出してしまっていたようで、タイヤ周辺にはガソリンが水溜りのようになってしまっていたとの事だったのですが、、。駐車場の隣には他の車がありますし、煙草の火なんかポイ捨てされてしまったらと考えると・・焦りますよね、、この状況は。

シール流用が原因でレッカー移動に

結局、レッカー移動してもらったそうなのですが、後々ポンプを確認してみるとキャップ周りに一面のガソリン漏れ跡。他の場所からは漏れていなかったようなので、原因はシールの劣化でほぼ間違いなかった!・・というお話です。勿論、シールを交換しない方全てのケースに当てはまるものではないかもしれませんが、実際にこんな事があったとなると、同時に交換しておくのがベターでしょう。パーツ代金としては小額です。レッカー代金や、帰りの交通費を考えると割り合いませんし、、。ポンプ等関連パーツの交換時にはシールやパッキンの同時交換をお勧めします。

フェールフィルターとは?


車種:BENZ V350(W639)
品名:フェールフィルター
品番:H276WK

ガソリンに混入してしまったゴミや金属粉を取り除く役割を担っています。目立つパーツではありませんが、エンジンにとって重要なパーツであり、このフィルターが詰まってしまえば様々な弊害が発生してしまいます。

燃料フィルター故障原因

長く使用していると、劣化し黒く変色してしまったガソリンや金属粉が沢山詰まってしまいます。詰まってしまえば、フェールフィルターはその機能を失ってしまい役割を果たせなくなってしまいます。

フェールフィルター交換について

ガソリン車とディーゼル車とで交換時期が異なってきます。

・ガソリン車の場合は一般的に100,000Km程が交換の目安となっているようです。
整備マニュアルでは40,000Kmとされているようですが、多くの人の場合100,000Km交換を行うケースが多くあるようです。

・ディーゼル車の場合は大きく変わり30,000Km交換が主流となってきているようです。
ディーゼル車は燃料が大切となってきますので頻繁に交換するよう設定されているとの事。メーター警告で30,000Kmに達したら交換を促す表示をする車種もあります。

交換しないとどうなるの?

  • 燃圧の低下
  • バックファイヤー
  • ノッキング

といったエンジンにとって良くない状況が発生してしまいます。交換する事で大きな体感を得られるようなパーツではありますが、10年も使用すればフィルターは詰まってしまいますので、頃合を見て交換しておくようにしましょう。

パーツ納期はどれくらい?

パーツスペシャリスト山口のスピード対応を是非ご活用下さい!パーツによって、また状況によって異なりますが、今回の参考事例での納期をレポート!
お見積もり後、ご注文をいただいたパーツ各種。商品もスムーズに入荷いたしました!。入荷後、検品・梱包をしっかりと行い発送完了!ご注文から入荷翌日にはお客様のお手元に到着!当社が長年培ってきた信頼のネットワークが安定したスピード対応を可能にしてくれます。今回の様に通常オーダーであれば、最短当日に商品発送出来るケースもございます。商品によって、お住まいの地域によって、商品到着までの時間は異なります。どのくらいでお手元に届くのか?是非お気軽にお問い合わせ下さい!

丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!

遠方にお住まいのオーナー様もご安心下さい!
パーツ入荷後はスタッフがしっかり検品・梱包。良質な商品をお届けする為に細かな作業も怠りません!さて今回の商品もスタッフが丁寧に梱包を施し発送完了しました。例えばウィンドウガラスや、ボンネット、ヘッドランプ、精密機器、といった運送中の事故が心配な商品の発送もご安心下さい。鈑金の先端や、ガラス表面、商品の傷付きやすい部分を重点的に補強!ここまでも全国のお客様より信頼をいただいております!ここ数年でネットを通じて当社を知っていただきご注文をいただく事が増えております!はじめての方もどうぞお気軽にご連絡下さい!

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ取り寄せ、新品純正輸入パーツ、リビルト部品、社外部品~

さて輸入車パーツの交換について進めてきましたがいかがだったでしょうか?
今回のパーツに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方、そんな方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。

純正パーツは勿論、リビルトパーツ、社外部品など輸入車全てのメーカーに対応可能です!
当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい!外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?輸入車部品定価で買っていませんか?

外車パーツの事ならこの道38年輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。メルセデスベンツ他、各外車メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ。

【関連パーツ】
フェールデストリビューター
インジェクションバルブ
フェールフィルター
フェールタンク
フェールネックホース
フェールタンクキャップ
キャニスター
フェールホース
キャブレター
これら関連パーツに関しましても勿論対応可能です。もしもおこまりの事がございましたらご相談いただけたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -