クライスラー ジープ パーツ交換!スロットルポジションセンサー手配について

 

この記事を書いている人 - WRITER -

クライスラー ジープをはじめアメ車パーツの交換品手配でお困りの事はありませんか?また他輸入車をふくめた外車部品を定価で購入されてはいらっしゃいませんか?このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。

クライスラージープ パーツ交換 スロットルポジションセンサーを手配しました

長く大切に乗り続けてこられたというクライスラー ジープの交換部品を手配
「100,000Km以上走行しているジープなのですが、最近エンジンの調子が悪くて加速時に酷く重たい感覚があります。スロットルポジションセンサーを交換する事でエンジンの調子が回復するとの事で交換品をを探しているのですが、、。」そうお電話を下さったジープ(jeep) オーナー様。持ち込み整備を行う為に社外品をお探しになっていたそうです。

確かにこのセンサーが壊れてしまうとエンジン制御の為に必要な情報が欠落してしまい様々な症状が発生してしまうのですが、お読みいただいている方の中にもスロットルポジションセンサーとはどんな部品なのかご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんね。機能や役割、故障時の症状や原因についてなど記事にまとめてみたいと思います。

スロットルポジションセンサーとは?

重要な情報を伝えるために
ECU(エンジンコントロールユニット)が燃料噴射や点火のタイミングを決定する為に、いくつかのセンサーが情報を伝えています。それらセンサーの一つであるスロットルポジションセンサーはその名の通りスロットル開度を検知しています。

スロットルとはアクセルの事を意味し、スロットル開度はアクセルをどのくらい踏み込んでいるかを表しています。スロットルバルブ開度の度合いに従って燃料の増減などをするセンサーです。

スロットルポジションセンサー 故障時の症状と原因

不安定なアイドリングや回転数について
エンジンの不快な振動が多くなってしまったり、回転数がなかなか上がらなくなってしまったり、加速時の息継ぎ症状、ハンチング(エンジンが安定しない状態)、また減速時にも燃料カットが行われなくなってしまうため燃費悪化といった症状も発生してきます。

燃費が悪くなってしまう
スロットルポジションセンサーの故障が及ぼす影響の一つに燃費の悪化があります。車種によって若干の違いはあるかもしれませんが走行中アクセルオフし、エンジンブレーキのかかった状態である時、エンジン回転数が1500rpm以上となるとセンサーが働き、燃料カットを行うはずなのですが、センサーに異常がある時には燃料をカット出来ずにそのまま噴射が続いてしまいます。結果多くの燃料を消費してしまう事になってしまい燃費の悪化を感じることになります。

不安定なアイドリングとハンチングの発生
例えばスロットルバルブが閉じている状態の時に、センサー故障によって「開いている」と判断されてしまうと、必要以上の燃料が噴射されてしまいアイドリングが不安定になってしまう事もあります。

また「ハンチング」の発生も多くあるようです。ハンチングとはエンジンの回転数が安定しない状態を指します。通常であればエンジンは一定の範囲で回転するものなのですが、ハンチングが起きてしまうとエンジン回転が早くなったり遅くなってしまったりと安定しません。

スロットルポジションセンサー交換について

社外品で交換したいが適合部品がわからない
もしもそんなお悩みでお困りでしたら是非お気軽にご相談下さい。欲しい部品の社外品供給有無の確認でも、欲しい部品が自身の車に適合するかどうかなど、どんな小さな事でも先ずはご相談いただけたら幸いです。ちなみに今回参考にさせていただいたオーナー様は「クライスラージープの社外品スロットルポジションセンサーを探しています」とその旨をお伝えくださいました。

部品番号がわからなくても、製造メーカーや詳細がわからなくても大丈夫です。見積もりの欲しい部品と、もうひとつダッシュボードに記載されているシリアルナンバー(他輸入車の場合は17桁の車体番号)をお伝えいただくだけで、当社ならお探しの情報を的確にお調べすることが可能なのです。もしも外車部品でお困りの事がございましたら先ずは当社までご連絡ください。

交換後に期待できる効果とは??
不調だったアクセルレスポンスの復調や、不安定だったアイドリングの改善が期待できます。またエンジンブレーキ時に余分に噴射されてしまっていた燃料も正常に戻るため、燃費の面でも改善が期待できるでしょう。燃費の向上やエンジン振動低減はユーザーにとって重要な部分ですよね。

まとめ

スピード対応!スピード納期!アメ車パーツも当社にお任せ下さい!
スロットルセンサーの不具合はエンジンにも影響を及ぼす原因にもなります。快適な運転のためにも、もしも故障してしまった時には交換しておくと良いでしょう。

今回ご利用いただいたお問い合わせでは、ご注文翌日には当社に入荷。検品・梱包を施し発送し、その翌日にはオーナー様のお手元にお届けできました。見積もりから納品まで、スムーズで丁寧な対応をお喜びいただけたこと当社としてもとても嬉しく思っております。

長く大切に乗り続けていらっしゃる外車を、安全に快適にお楽しみいただけますよう、アメ車パーツや、欧州車などの輸入車パーツでお困りの方々に当社のサービスをお役立ていただけたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください