2018/06/27

エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

輸入車パーツに関する情報をお探しの皆様へ向けてお役立ていただけるコンテンツを心がけ更新していきます!信頼と実績でこの道38年・港区東麻布から全国へ!
迅速なスピード対応・お見積もり・相談無料!外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。
エアサスベローズ故障!メルセデスベンツ|輸入車パーツ故障原因と交換E350トップ画像

エアサスの故障?

メルセデスベンツパーツのお問い合わせ
タイヤとフェンダーの隙間がいつもより狭い・エンジン始動後に警告灯がついてしまうそんな症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?「メルセデスベンツのエアサスについて少し質問したい事があるのですが、、」先日、そんなお電話をいただきました。
「どうされましたか?」お話を伺ってみるとどうやらエアサスの不具合による症状でお困りとの事でした。「2~3週間ほど家を離れていたため、この車に乗る事が出来なかったのですが、帰宅後駐車場に向かってみると、目視で解るくらい車高が下がってきてしまっていて、、」「自走ができないくらいに車高が下がってしまっていれば、明らかな故障と判断し修理を依頼すれば良いのでしょうが、どうしたものかと思いまして。」「どれくらいの期間で、どれくらいの車高ダウンが障じてしまっていたら要修理!といった目安はあるものなのでしょうか?」

さて、今回はそんなメルセデスオーナー様にいただいたお問い合わせを参考にさせていただきブログを更新いたします。エアサスは何故抜けてしまうのか?点検の末にご注文いただいたベローズとは何か?交換のタイミング、故障原因についても調べて行きます!

エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換商品情報イメージ画像

【お急ぎで商品情報をお探しの方へ】
BILSTEIN製・エアーサスベローズ発送・参考データ
~ベンツ(benz)パーツ納期 参考事例~
お見積もり後、ご注文をいただいたエアサスベローズ。午前中のオーダーをいただき、当日中スムーズに商品入荷!。入荷後、検品・梱包をしっかりと行いその日の夕方に当日発送完了!ご注文から1日後お客様のお手元に到着いたしました!

※当社は日々全国各地からのお問い合わせに対応しております。遠方にお住まいの方もどうぞお気軽にご利用いただけたら幸いです。商品情報詳細をお探しの方は下記パーツナンバーリンクよりお進み下さい。

今すぐ部品の値段・納期詳細を知りたい方は、17桁の車体番号をご連絡下さい。
(※1980年以前は17桁ではありません)(※アメ車の場合はダッシュボードのシリアルナンバーを)

お見積もり・お問い合わせフォームは下記バナーからご利用いただけます。
お見積もり・相談無料です!是非お気軽に当社のサービスをご活用下さい!
■エアサスベローズ料金詳細

■車名 : メルセデスベンツE350(W211)
■品番:2113200925
(※販売価格はその時の状況により異なります。
定価は予告なく変更される場合がありますのでご注意下さい)


—- 目次 —-

1・乗り心地・走行性能における重要パーツ・エアサスその機能と構造

2・壊れるとどうなってしまうの?エアサス故障時の症状

3・何故壊れてしまうの?エアサス故障原因

4・エアサス交換時の注意点

5・気になる金額面と納期について

6・輸入車パーツラインナップページとは?

7・パーツ納期はどれくらい?

8・丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!


エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換

乗り心地・走行性能における重要パーツ、エアサスその機能と構造

エアサスとベローズって何?先ずはその機能と構造を調べておきましょう。
今回お問い合わせをいただいたオーナー様のメルセデスにあった不具合は、「本車高が下がらないよう調整するためのパーツ」通称エアサスと呼ばれる「エアーサスペンション」。自動車のボディとタイヤとの間に取り付けられ、走行性能や車高などを決める重要な役割を担っています。

エアサスとは?

乗り心地を追求したパーツ。走行中地面の凹凸から衝撃を吸収し、ふわふわとした柔らかな乗り心地を実現してくれるパーツです。しかし、エアサスは空気漏れが発生してしまう事があります。年に1回程度、定期的なメンテナンスも必要といわれるほど手間のかかるパーツといえるかもしれません。

ベローズとは?

さて今回入荷したベローズ。こちらについても少しづつ触れていきましょう。ベローズとは、コイルスプリングの代わりをするもので、内部に圧縮空気を入れバネの様な役割をします。
シンプルに「エアサススプリング」とも呼ぶ方々もいらっしゃいますね。エアサスは内部が圧縮空気等で充填されて、その周りのべローズがたわみます。
衝撃を吸収し、車高調整もこのベローズがしているのです。耐衝撃・耐振動に優れ快適な乗り心地を確保する事が出来ます。
エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換・故障時の症状イメージ画像

壊れるとどうなってしまうの?エアサス故障時の症状

ではエアサス故障時にはどの様な症状が発生してしまうのでしょうか?
ここではエアサス故障時の一例を記載させていただきます。

< 車高維持不能

今回お問い合わせを下さった方のメルセデスのように、「車高が少しづつ下がってきてしまっている」時、エアサスが不具合を起こしてしまっている事が考えられます。どうやらオーナー様のベンツはべローズが経年劣化により破れやすくなってしまっていた事に原因があったようです。10Kmを超えてくると故障が多くなってくるようではありますが。ベローズが破損してしまうと車高維持が出来なくなってしまい、ベタベタな状態となってしまう恐れがあります。この状態でで走行する事は困難でしょう。

こんな症状は出てませんか?

・自動車の車高が下がる
・乗り心地が悪くなったと感じる
・車高がベタベタ
・タイヤとフェンダーの隙間がいつもより狭い
・エンジン始動後に警告灯がついてしまう
どの症状も最終的には走行出来なくなる恐れのある症状です。深刻なトラブルになってしまう前にエアサス対策をお勧めいたします。

エアサス不具合の一例

・昨日まではなんともなかったのに、翌朝乗り込もうとしたら右フロント片側だけが沈んでしまっていた
・車高スイッチでなんとなく車高が戻った為に走行してみた後、エンジンを切るとまた右のフロントが下がってしまった
・完全にエアサスが上がらなくなってしまいレッカー移動も厳しい状況となってしまった
実際に走行不能になってしまったメルセデスがをレッカー移動できずに、修理前にも余計な費用が掛かってしまったというケースも。少なくともそうなる前には対応を行いたいものですが、実際どの様なタイミングで交換や、点検整備を行うと良いのでしょうか?

エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換・故障原因イメージ画像

何故壊れてしまうの?エアサス故障原因

エアサスは何故壊れてしまうのでしょうか?故障の原因を知り対策に活かしましょう。
基本的にエアサスは消耗品であり、あくまでも目安数値ではありますが10万キロを目処にメンテナンスは必須とされた事を良く目にするように思います。また機能そのものが駄目になってしまうケース以外に、他パーツとの関係によっても支障がでてしまうようです。インチアップや、ショックアブソーバー、タイヤとの関係など様々あるかと想うのですが、ここでは一例をご紹介致します。

コンプレッサーの故障

コンプレッサーのシリンダーパッキンが擦れるなど,、経年劣化により空気漏れが発生してしまいます。コンプレッサーが作動しなくなってしまう事で車高が上がらなくなってしまったり、スイッチ切り替えが不能になってしまう。

エアサス本体からの空気漏れ

本体から空気漏れが障じてしまっている場合には本体交換が必要となってしまいます。

ベローズの不具合

ゴム製のベローズ(エアスプリング)が経年劣化によりパンクしてしまったり、主にエア漏れによる不具合が発生してしまうようです。伸縮するゴム部分の劣化によるヒビ割れ等が起因しています。
エアサスベローズ故障!メルセデスベンツE350|輸入車パーツ故障原因と交換時の注意点イメージ画像

エアサス交換時の注意点

「メルセデスのエアサスはどの位で交換になりますか?」たまにご質問いただくことなのですが、やはりその数値は一概には明記できません・・。ではどのように交換時期について認識しておけば良いのでしょうか?

エアサス交換時期は様々

普段どのように保管されているのか?年間の走行距離はどのくらいなのか?それは人によって、その地域の気候や走行環境、走り方によっても違ってくるものでしょう。また交換のタイミングは同メーカーでもその車体によっても違いがあったりします。例えば新車で購入したメルセデスが、「保障期間内に不具合を起こしてしまいペタンコになってしまった、、!」そんな方もいらっしゃいますし、「購入から4~5年後に故障してしまった!」という事例もあります。

同時交換について

エアサスが抜ける前に整備を行えた場合と、症状が悪化してしまった場合では、その修理費用に大きな差が出てしまうようです。できれば定期的な点検と、早目の対応をしていきたいところではありますが、もしも故障が発生してしまった場合、また交換時には同時交換が推奨されており、多くのケースで左右を同時にとの勧めがあるかと思います。それは何故でしょうか?

パーツ納期はどれくらい?

パーツスペシャリスト山口のスピード対応を是非ご活用下さい!パーツによって、また状況によって異なりますが、今回の参考事例での納期をレポート!
お見積もり後、ご注文をいただいたエアサスベローズ。午前中のオーダーをいただき、当日中スムーズに商品入荷!。入荷後、検品・梱包をしっかりと行いその日の夕方に当日発送完了!ご注文から1日後お客様のお手元に到着!当社が長年培ってきた信頼のネットワークが安定したスピード対応を可能にしてくれます。今回の様に通常オーダーであれば、最短当日に商品発送出来るケースもございます。商品によって、お住まいの地域によって、商品到着までの時間は異なります。どのくらいでお手元に届くのか?是非お気軽にお問い合わせ下さい!

エアサスベローズ

丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!

遠方にお住まいのオーナー様もご安心下さい!パーツ入荷後はスタッフがしっかり検品・梱包。
良質な商品をお届けする為に細かな作業も怠りません!

さて今回の商品エアサス・ベローズもスタッフが丁寧に梱包を施し発送完了しました。例えばウィンドウガラスや、ボンネット、ヘッドランプ、精密機器、といった運送中の事故が心配な商品の発送もご安心下さい。鈑金の先端や、ガラス表面、商品の傷付きやすい部分を重点的に補強!ここまでも全国のお客様より信頼をいただいております!ここ数年でネットを通じて当社を知っていただきご注文をいただく事が増えております!はじめての方もどうぞお気軽にご連絡下さい!

下記リンクには過去当社にご注文いただいた事例の一部をラインナップしております。メルセデスベンツをはじめ輸入車各種部品探しのご参考までにもお役立ていただけたら幸いです。

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ取り寄せ、新品純正輸入パーツ、リビルト部品、社外部品~
さて、エアサスベローズ交換について進めてきましたがいかがだったでしょうか?ベンツパーツに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方、そんな方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。

純正パーツは勿論、リビルトパーツ、社外部品など輸入車全てのメーカーに対応可能です!当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい!外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?輸入車部品定価で買っていませんか?外車パーツの事なら、この道38年輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。メルセデスベンツ他、各外車メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ。

【エアサス関連パーツ】
フロントショック,フロントショックアブソーバー,アッパーマウント,コイルスプリング,リヤショック,エアサスショック,エアサスコンプレッサ,ーロアアーム,ロアアームブッシュ,アッパーアーム,テンションロッド,スタビライザー,ハブベアリング,
これら上記のパーツに関しても勿論対応可能です。輸入車パーツでお困りの方のお役にたてたら幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -