2018/05/16

ベンツ(benz)e320 エアサスレベルセンサーの故障と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -
  • メルセデスベンツ(benz)やBMWをはじめ輸入車パーツの故障や交換でお困りの事はございませんか?このページはそんな方々に向けお役立ていただけるコンテンツを心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。

    東京都港区から全国のプロフェッショナルへ輸入車パーツを発送しております「輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口」がおおくりしております。

    ベンツe320をはじめ各モデル足廻りパーツはお任せ下さい!

    エアサスの不具合でお困りの事はありませんか?
    メルセデスベンツ(benz)故障によって交換部品が必要になって部品を探しても「純正品が高い・・」そう感じている方が多くいらっしゃいます。

    「では社外品を・・!」と思っても「適合パーツがわからない・・」「探し出す為に苦労した・・」そんなご経験をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

    例えば今回の更新でピックアップする「エアサスレベルセンサー」。このようなパーツにも社外品が存在するのですが、その製品が自分のベンツに適合しているのか?またそのパーツが本当に最適な選択なのか?と迷ってしまう事はありませんか?

    全国のプロフェッショナルからのお問い合わせに日々お応えさせていただいている当社ならば、長年の経験で培った独自の仕入れルートから、お客さまのご要望に添った輸入車パーツを提案させていただけるかもしれません。

    以下、過去当社にいただいた「エアサスレベルセンサー」のお問い合わせ事例を参考にさせていただき記事にまとめました。「故障時の症状」や「故障の原因」といった情報も記載しておりますので、それら情報をお探しの方々にもお役立ていただけたら幸いです。

    エアサスレベルセンサーの故障と交換

    メルセデスベンツ(benz)にも多くあるサス関連パーツの故障。現在お乗りの方の中にも下記のような症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?

    • DAS診断でエアサスセンサー故障表示が出てしまう
    • サスはエア漏れしていないのに左右どちらか片方が下がる
    • センサー故障によりポンプが頻繁に作動してしまう

    ベンツEクラスをはじめメルセデスには多くのセンサーが取り付けられていますが、エアサスセンサーもその一つです。エアサスペンションのレベル調整を行うセンサーで、このセンサーが故障してしまうと上記の様な症状が発生してしまいます。

    エアサス警告灯は点滅していませんか?

    警告灯は何故点灯しているのか?その原因とは?
    エアサスペンション本体が故障してしまえば、かなり高額な費用がかかってしまいますが、例えば警告灯が点灯してしまっている時にはセンサーが故障してしまっているケースもあります。

    一例として「センサーの数値が車高を変えても変化しない」状態になってしまっているために警告が発生してしまっていたとの事。他故障原因にはプラスチック部分が折れてしまったり損傷してしまう事もあるようです。先ずはしっかりと「どこが壊れてしまっているのか」診断しておくことが重要ですね。

    DAS診断とは?

    メルセデスベンツの場合、専用テスターでモニタリングが可能です。それはエアサスに限らずエンジン等の状態をしっかりとチェックすることが出来ます。

    DAS診断では車両全体を一気に診断することが可能となっています。発見されたエラーコードから現状の不具合・過去の不具合と診断する事が可能です。

    では何処に依頼すればよいのか?そんな疑問をお持ちの方が「ベンツに特化した整備工場をディーラー以外で探す」のであれば、お住まいの地域名と「ベンツDAS診断」や「ベンツ専門整備工場」といったキーワードで検索すればネット上の情報にヒットできるかと。

    又エアサスの話題からは少々離れてしまう部分もありますが、次のような症状がある方もご注意下さい。

    • エンジンのかかりが悪くなってきてしまった
    • エンジンの振動が異常に大きい
    • メーター警告が点灯してしまっている
    • オイル交換を長い間交換していない

    もしも上記項目に一つでも該当する事があればDAS診断をご検討してみても良いかと思います。

    診断機にもかからない傾きの原因とは?

    メーカーの診断機DASや整備では、特に何の異常もないのに片側に傾いてしまっている・・そんなベンツの話を聞かせてもらったことがあります。
    それはある整備士さんから聞かせてもらった話です。オーナーさんからは「サスを交換してもいいよ」と言ってもらっていたそうなのですが、壊れてもいないエアサスを交換し高額な費用を請求するわけにもいかないし・・と。

    そこで整備士さんが疑ったのが「センサーの故障」です。結果的にその予測は当たっており、傾きの原因はセンサーの不具合にあったそうです。埃や泥水、または砂利等による影響があったのではないかな・・とおっしゃていましたが、DAS診断でも異常を発見出来なかったのはそのセンサーからほんの少しだけ電気信号が出ていたからだそうです。

    どうやら少しでも電気信号が出ていればDAS診断機は「異常なし」と判断してしまう事もあるそうです。もしも「エアサスに不具合はないのに原因不明の傾きで困っている・・」そんな方のお役にたてればと思い記載させていただきました。

    まとめ

    安心価格で高品質の製品を
    エアサスは高額なパーツです。「エアサス交換をしても症状が改善されない」そんな状況になってしまわないように故障箇所をしっかりと点検しておく事が重要ですね。

    ベンツw211やw219の場合には異なる部品が取り付けられているケースもあるようですが、今回のe320の場合フロントに2個・1個レベルセンサーがあります。純正品番から単品の価格を調べるとなかなかのお値段で×3ヶとなると結局高額になってしまいます。そんな時には是非当社に一度ご相談下さい。ご自身にとって適切な製品をしっかりと用意させていただきます。社外品やOEM製品の提案で安心価格で高品質の製品を!輸入車パーツは当社におまかせ下さい!

  • この記事を書いている人 - WRITER -