2018/04/25

空冷ワーゲン タイプ1(ビートル)トランスミッションオイル交換の為に LIQUI MOLY お取り寄せ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

機能と役割

トランスミッションオイルという名前を聞きなれない方もいらっしゃるでしょうか?
このオイルを今まで一度も交換した事がないという人もいらっしゃるかもしれません。しかしこのオイルは自動車が走行する為の重要なオイルであり、自動車点検時にはしっかりと確認しておきたいオイルの一つです。

マニュアルトランスミッションは複数のギアが高速に噛み合わさり、動力源の回転を変換する事で駆動輪へとエネルギー伝達しています。その強力な動力を産み出す為に金属同士は擦れ合い少しづつ磨耗して行きます。そんな中で潤滑油としてギアを守ったり、温度を下げるなどの役割をミッションオイルが担っています。摩擦を軽減させる事で、エンジンで発生したエネルギーの無駄遣いを防ぎ、少しでも多く前進する為の力を生み出せるように働いています。

トランスミッションオイルは密封された容器内で使用されている為、外部からの異物等が混入してしまう事はありません。なのに何故劣化していってしまうのでしょうか?劣化してしまう原因についても調べてみましょう。

劣化の原因一例

密封の容器内部で使用されている状態で、どんな風にミッションオイルは劣化していくのでしょうか?
他のオイル等に比べて劣化速度の緩やかなミッションオイルですが、全く劣化しないというわけではありません。部品と部品の間に擦られる事や、かき混ぜられたりする事でもそうですが、部品同士が擦れることで発生してしまう”金属粉”が溜まってしまったり、温度変化によっても劣化してしまう事があります。ではどのくらいの期間や、素行距離を目安に交換を考えておくと良いのでしょうか?
次に交換時期の目安について調べてみましょう。

交換時期について

走行状況や、どんな風に運転しているかによって、自動車パーツの交換時期は大きく変わってきます。基本的な交換目安を参考に、ご自身にあった交換のタイミングをイメージしてみましょう。

あくまでも目安としてご覧いただけたらと思うのですが、ユーザーがどの様に感じていたり、考えていたりするのかを調べようと幾つかのウェブページを見ていると走行距離にして「30.000Km」、使用年数にして「3年を目安に」としている方が多くいらっしゃるようです。いかがでしょうか?「早すぎる」と感じる方もいらっしゃるでしょうか。

スポーツ走行が多いユーザーや、山道の様な道を多く走行するユーザーの様と、整備され綺麗に舗装された道路を常に走行するユーザーとでは当然交換の時期は変わってきますよね。ただ50,000Km~100,000Kmも走行すればどんな車のオイルも汚れてしまいます。ギアの入り方に違和感を感じていたり、異音が発生してしまった時には早めに交換するようにしましょう。

ミッションオイル・点検方法は?

期間や走行距離以外にオイルの状況を確認するには?トランスミッションに限らずオイル漏れには十分にご注意を!

いつも駐車している場所にオイルが漏れたシミはありませんか?
もしもオイルが漏れ出してしまっているとしたらご注意下さい。ミッションオイルに限らず冷却水や他のオイルが漏れ出してしまっているのなら、早期対処した方が良いかと。

自宅での点検は難しい?
適量が保たれているかを見るためには注入口のフィラープラグというものを外さなければならなかったり、ジャッキアップなどで車体を持ち上げなければならなかったり、何かと手間が掛かってしまうケースが多いミッションオイルの点検。となると自宅等での点検が困難な方が多くなるかと思います。

気になる方は、例えば車検等での整備時や他トラブル時に併せて、ミッションオイルについても見てもらえると良いのかなとも思います。もしも何かの整備を依頼している際に、整備士さんからミッションオイル交換の勧めがあればその時には前向きに検討されても良いのかなと思います。

ミッションオイル-04.png

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!

さてここまでフォルクスワーゲンに用いるミッションオイルについて進行してきましたがいかがだったでしょうか?当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し、「適切なパーツ特定」と 「迅速な対応」に多くのプロフェッショナルからご定評いただいております!

例えば、「自分の車に適合するパーツがわからない・・・。」そんな時にもどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!純正部品は勿論、優良社外品、OEM製品、リビルトパーツをお探しの方も是非一度ご相談いただけたらと思います。この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品調達のサポートをさせていただきます!

輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口.jpg

この記事を書いている人 - WRITER -