2018/05/16

ベンツ(benz) mクラス エンジンかからない!バッテリー持込整備

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ベンツ(benz) mクラスのパーツをはじめ、メルセデス各モデルパーツの故障や交換でお困りの事はありませんか?また輸入車各種のパーツを定価で購入してはいませんか?このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。

長年培ってきた経験と、築き上げた独自のネットワークでどんな車種にも対応致!輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。

メルセデスベンツ mクラス (w163 w164 w166) バッテリー交換

benzの人気suv mクラス 予防整備でトラブルを回避!
ベンツmクラスはシティユースを意識したsuvとして企画・発売されました。「軍用車両」を源流としている事もあり万人に適したタイプではないとも言われていますが、2代目のw164や、3代目のw166は初代の反省点を活かす事で性能向上に成功、日本でも人気のタイプとなっていますね。

さて今回の更新ではそんなベンツmクラスの「バッテリー交換」の為にお問い合わせいただいた事例をまとめます。例えばエンドユーザー様の方で下記のようなバッテリーに関する疑問はありませんか?

  • バッテリーが上がってしまうとどうなるの?
  • バッテリー上がりの原因は?
  • ベンツ(benz)のバッテリー交換の時にはおすすめの製品は?

ご自身で問題点を把握し、改善策を知る事で、バッテリー交換に対する疑問点を改善してみませんか?近年多くなっている「持ち込み整備」を行う事でバッテリー交換費用を大幅に削減出来るかもしれません。

また整備士様や、部品発注ご担当者様でベンツに使用するバッテリーをお探しの方はいらっしゃいませんか?ベンツパーツの通販などバッテリーをはじめとする様々な部品探しで、下記の様な煩わしさを感じてはいませんか?

  • 問い合わせをしてもなかなか返事が来ない・・!
  • すぐに聞きたい事を質問できない・・!
  • フォーム入力が煩わしくて手続きが面倒になってしまう・・!

当社のサービスをご利用いただければそのお悩みを解決できるかもしれません!是非最後までご覧いただけたら幸いです。

バッテリー上がりの原因とは?

「突然エンジンがかからなくなってしまった・・・」突然訪れるバッテリートラブル
まずはバッテリーが上がってしまう原因を簡単に纏めておきました。

  • 過放電
  • 消し忘れたライトや、ドアの締め忘れ、電装品当の使いすぎによる源因
  • 長期放電
  • バッテリーは自己放電しています。長期放置により上がってしまう事も
  • オルタネーターの故障による影響
  • 発電機の故障によって充電することが出来ず蓄電量を使い切ってしまった場合

バッテリー上がりの兆候としてはエンジン始動時や、バッテリー液の水位といった所でチェックしてみると良いかと思います。セルモーターを回した時に違和感を感じたり、エンジンがかかりにくくなっていたらご注意下さい。パネルの表示部分の灯りがなんとなく弱々しくなってはいませんか?ヘッドライトの光が暗くなっていたりしませんか?それらもまたバッテリー上がりの兆候の可能性があります。

またバッテリー液の水位を確認するようにしましょう。バッテリー液の液面が「UPPER」と「LOWER」の間にあれば正常、少なくなってしまっていたらバッテリー液補充の必要があります。

ベンツ mクラス バッテリー交換費用を出来るだけ抑えたい

その方法の一つが「持ち込み整備」
「ディーラーでバッテリー交換を依頼したら、その費用が高額で困ってしまった・・」たまにそんな話を見聞きする事があります。もしも交換に掛かる費用を抑えられるなら、出来るだけ安く抑えたいと考える方は多くいらっしゃいますよね。

そこでその方法の一つが「ご自身で交換用のバッテリーを準備し、お近くの整備工場さん等に持ち込み整備を依頼する」というやり方です。近年では持ち込み整備歓迎も増えていますし、実際に当社にもエンドユーザー様からたくさんのお問い合わせをいただいている状況です。

勿論バッテリーに限らず他パーツでもご利用いただけますので、もしご興味がある方はお気軽にご相談いただけたら幸いです。量販店様を含め、ご近所の整備工場様に持ち込み整備のお問い合わせをしてみましょう。その際には使用済みのバッテリーも回収してもらえるかどうかもあわせて相談してみると良いかと思います。

適合バッテリーを調べるにはどうしたらいいの?

交換バッテリーを購入したいけど 自分の適合バッテリーがわからない・・・!そんな方の為にカーバッテリーまでのアクセス方法を書き出してみたいと思います。バッテリー設置箇所が一概に同じではありませんが、今回はトランク内にあるケースとして。ちなみにスターターバッテリーはエンジンルームに、メインバッテリーはトランクルーム内に設置されている場合が多いです。

  • まずはボンネットのオープンレバーを見つけましょう。
  • 運転席右下周辺を見ていただくと大抵の車の場合見つけられます。
  • ボンネットのレバーを探し上下又は左右に動かした状態で持ち上げましょう。
  • 自動的に開いていてくれる車もありますがボンネットステーという棒で支えます。
  • バッテリーを覆うカバーがあるケースがありますのでご注意下さい。
  • バッテリー上部にある文字がバッテリー名となります。

では交換用のバッテリーを準備するにあたってどの製品を選べばいいのか?迷ってしまう方もいらっしゃいますよね。整備士様やプロフェッショナルの方もお探しのバッテリーが見つからずにお困りの方はいらっしゃるでしょうか?またベンツパーツ等の通販で煩わしさを感じている方はいらっしゃいませんか?

まとめ ベンツ バッテリーの手配もお任せ下さい!

「17桁の車体番号」ご準備いただくものはたったそれだけです!
当社でも通販サイトは運営しておりますが、電話やファックスでのやり取りを選ばれる方も沢山いらっしゃいます。もちろんお問い合わせフォームもご利用いただけますので、ご自身のやりやすい方法を選んでいただけたら幸いです。

当社では全てのお問い合わせを代表の山口が担当させていただきます。長年の経験で培ってきた知識と独自の仕入れルートを駆使してあなたの部品探しをサポート致します!スピード回答、スピード納期を心掛け、日々全国のプロフェッショナルの元へ輸入車パーツを発送しております。

お問い合わせの際には車検証に記載されている「17桁の車体番号」をご準備下さい。いただいた車体番号から正確かつ迅速に情報をお伝えすることが出来ます。今回参考にさせていただいたバッテリーをはじめメルセデスベンツは勿論、全ての輸入車パーツに対応可能です。

並行車、逆輸入車のパーツを他社で断られた事はありませんか?生産中止の部品や、国内欠品中の輸入車パーツが見つからずにお困りではありませんか?当社ならその外車部品を手配できるかもしれません。もちろん100%とは限りませんが、諦めてしまう前に是非一度ご相談いただけたら幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -