2018/04/23

dpf付き クリーンディーゼル搭載車 エンジンオイル交換!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

クリーンディーゼル搭載車エンジンオイル選びにご注意!

DPFがついているクリーンディーゼル搭載車
エンジンオイルの選定にも気配りが必要?!

どのエンジンオイルを選べばいいの?
当サイトでもbmwやメルセデスのDPFに関するアクセスは多くいただいている状況ですが「DPF付きのクリーンディーゼル搭載車」は近年その数が世界的に広まっているように感じます。

欧州ではその燃費性能からディーゼル車人気がとても高く、実に50%のユーザーがディーゼルエンジンを選んでいるとも言われています。日本ではいまハイブリッド車が多く選ばれているかとおもいますが、国内でもクリーディーゼルを選ぶユーザーが増えてきているのです。

しかしクリーンディーゼルエンジンに長く乗っている方でも、初めてお乗りになる方でもクリーンディーゼル搭載車について知らない事がなにかと多かったりしませんか?いつもご覧いただいている方々の中には自動車に詳しい方々も沢山いらっしゃるかと想いますが、今回はあらためてDPF搭載クリーンディーゼル車の「エンジンオイル交換」について調べて見たいと思います。

ディーゼルエンジン用オイルを

結論から申し上げると「ディーゼルエンジン専用のオイル」を入れる事が推奨されています。もしもガソリンエンジンと同じオイルを入れてしまえば故障の原因となってしまう事も。

何故ディーゼルエンジン専用オイルじゃなきゃダメなの?
クリーンディーゼル車専用のエンジンオイルが必要な理由は?

高温域での対応能力
ディーゼルエンジンとガソリンエンジンとの根本的に異なり、圧縮して自然発火することからガソリンエンジンと比べてかなりの高温になります。ガソリンエンジン用のエンジンオイルにはこの高温領域で機能する洗浄剤が含まれていない為使用する事が出来ないのですね。

対腐食作用
軽油には微量ながら硫黄成分が含まれています。その硫黄分は金属を腐食させてしまうために対腐食用の成分が必要となります。この点からディーゼルエンジン専用のエンジンオイルを選ぶ事が好ましくガソリンエンジン用のオイルにはこれが含まれない事が理由となります。

では市販のディーゼルエンジンオイルを入れればそれでいいのか?いえ、DPF付きのクリーンディーゼル車にはもう少し配慮が必要です。エンジンオイルには様々な規格があります。例えばbmwを例にするとその中から粘度5W-30の「LL04」というbmw承認規格のオイルを選ぶと良いでしょう。粘度やオイルの企画に関する情報は別ページに詳しく纏めてありますので、そちらもご覧いただけたら幸いです。

高性能ディーゼルエンジンゆえに
エンジンオイル交換一つとってもこれだけ気を配るべきポイントがあると大変だなぁと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、bmw 320d等に搭載されているクリーンディーゼルエンジンは大変な高性能精密機器の塊です!エンジンオイルにもしっかりと気を配る事も大切かと。

指定外オイルをいれるとどうなる?

必ずbmw専用承認規格オイルでなければダメなのでしょうか?仮に指定外のオイルを入れた時のリスクは?

燃費悪化の心配も?
もしも指定外のエンジンオイルを入れてしまったからといっても、すぐに不具合が発生してしまうわけではありませんが、通常のディーゼルエンジン用のオイルをいれた場合DPFの目詰まりが発生しやすくなってしまう可能性が高まるようです。DPFのリッチ燃焼モードが頻繁に起こるようになってしまい燃費悪化の恐れが。

エンジンオイルの量が増えている?
直射エンジンによって発生する「スス」をDPFがからめとっている中で、短距離走行を繰り返していると「リッチ燃焼モード」となり、DPF内の「スス」を焼き切る為に普段噴射されることのない排気工程でも燃料が供給されます。

これによってススを焼ききれるわけですが、この時に燃焼しきれず余ってしまった軽油はオイルパンというパーツ部分へと流れていきエンジンオイルと混ざり合います。そうするとエンジンオイルは薄まり、エンジンオイルの潤滑作用や、洗浄作用といった機能が弱まってしまいます。

DPF警告灯の点灯


DPF警告灯が点灯してしまった時にはどんな原因が?どんな対応をしたらいい?

ディーゼル特有のPMが触媒内部に堆積
クリーンディーゼルは燃料噴射に大きな圧力をかける事で霧状にし燃えやすくする事で制御、触媒を使って排気ガスをクリーンにしています。その際このディーゼル特有のPMが触媒内部に堆積しいてしまうとDPF警告灯が点灯してしまうのです。

原因と対策としては?
低速域を多用したり、長時間のアイドリングを行ったりする事でPMは溜まりやすくなってしまいます。これが原因の一つですね。対策の一つとして長時間のアイドリングは極力避けるようにしましょう。

高額な交換費用を避ける為に
コンピューター制御によって走行中にPM除去を行うのですが、そのPM除去が追いつかなくなってしまうとDPF警告は点灯してしまいます。車種によってはPM除去モードを備えているケースもあるのですが、状況が悪化してくるとDPF警告灯は点灯から点滅に変わってくる事もあります。もしもそのような状況になってしまった時には早急に対応を。ディーラー、または信頼のおけるお店へ持ち込むようにしましょう。仮に触媒を交換する事になったとしたらその価格はとても高額となります。そういった状況回避のためにもエンジンオイル交換は出来るだけしっかりと。

輸入車パーツはお任せ下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。
大切な自動車が故障してしまった時には出来るだけ早く対応したいものです!お急ぎでの見積もりが必要な方も、入手困難なパーツをお探しの方も、よろしければ一度ご相談いただけたら幸いです。当社は欧州車やアメ車は勿論全ての輸入車パーツに対応し適切なパーツ特定・迅速な対応力をご評価いただいております!是非一度お問い合わせ下さい!

適正パーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備したい!と「持ち込み整備」を依頼を行われる方も近年多くいらっしゃいます。当社は多くの個人ユーザー様にもご利用いただいておりますので、もしも初めてご覧いただているユーザー様がいらっしゃいましたら先ずはお気軽にご連絡下さい。

コストを出来るだけ抑えたい・・
希少部品が見つからない・・
社外品やOEM製品・・
適合パーツがわからない・・

そんなふうにお困りの方もいらっしゃるでしょうか?

この道38年築きあげた独自ルートで

輸入車パーツをお探しの時には当社に一度ご連絡下さい。この道38年で築き上げた独自ルートから、お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!
top page
history
パーツスペシャリスト山口ウェブトップページへは「top page」からどうぞ!
「車が好き」その想いから始まったこれまでの歩み、そして会社の歴史をまとめておりますページへは「history」からどうぞ。

冬本番を迎える時期に!
冬を迎える時期になると「暖房が効かなくなってしまった・・!」「エンジンがかからなくなってしまった・・!」・・と、ポルシェに限らず自動車にはそういったトラブルが発生しやすくなってきます。またレジャーや帰省で出かける事も多くなってくるかと思いますが、スタッドレスタイヤに履き替えるように降雪地域では通常のワイパーから「スノーブレード」への交換が必要になってくる事も。エンジントラブルに起因するパーツや、暖房が効かない時の原因となるパーツ、そんな輸入車パーツを纏めておりますので輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。

winter car trouble
Heater Snow Blade
Engine

輸入車足回り関連のトラブル
雪道走行の機会も増える冬の時期、自動車足廻り関連の故障も気になる所ですよね。上記リンク先のページではそんな自動車足廻りパーツに注目し、各カテゴリーで代表的なパーツをピックアップしております。ディスクパッドやブレーキローター、マスターシリンダーといったブレーキ関連パーツ、またステアリングギアボックスや、ステアリングラック、パワステといったステアリング関連パーツ、そしてショックアブソーバーやスタビライザーといったサスペンション関連パーツ、これら輸入車パーツ情報をお求めの方にお役立ていただけたら幸いです。

chassis trouble
Brake
Steering
Suspension

輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がお送りしております「輸入車パーツお役立ち情報」今回の更新も最後までごらんいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください