2019/10/24

ウォーターポンプ交換・前編 アルファ156|輸入車パーツ故障原因と解決策

 

この記事を書いている人 - WRITER -

アルファロメオパーツ情報をお探しの方へ

アルファロメオパーツをはじめ輸入車パーツの手配はお任せ下さい

輸入車パーツ専門㈲パーツスペシャリスト山口がおおくりしております

輸入車パーツに関する情報を、皆様のお役にたてるよう心がけ発信しています「輸入車パーツお役立ち情報」です。今回はアルファロメオ156 ウォーターポンプ故障・前編をおおくりしたします。

アルファロメオ156 ウォーターポンプの故障

「アルファ156のウォーターポンプが焼きついてしまい、、、、!フードから煙も、、。異音など異変はずっと気になっていたのですが、、」先日アルファロメオ156にお乗りの方からお問い合わせをいただきました。

この方の場合、ウォーターポンプの不具合がかなり進行してしまった症状ですね。何故ウォーターポンプが焼きつきを起こしてしまったのでしょうか?何故ウォーターポンプからは異音が鳴ってしまうのでしょうか?いただいたお問い合わせを例に進行していきます、輸入車パーツ故障原因と解決策。今回はエンジンにとって大切なウォーターポンプ前編。5月25日の水曜日、27日の金曜日と2回に分けて更新いたします。

■ALFAROMEO156(アルファロメオ)
■ウォーターポンプ, PA861

ALFA ROMEO 156 ,ウォーターポンプ 002.jpg

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

ウォーターポンプの機能や役割について

■ウォーターポンプとは例えるなら「水車」の様なパーツです

ウォーターポンプとはエンジン燃焼の際に発生する高熱を冷やす為の役割と。また冬季にはエンジンが凍り付いてしまわない為の役割も担っています。

もう少し詳しく記載すると、不凍性、冷却系の水路が錆び付いてしまわないように、防錆性能を持つ「冷却液」をエンジン各部からラジエター等に循環させるために働きます。その多くは内部にインペラという羽根を持ち、他パーツの動力を利用して回転する圧送機能をはたしています。簡単に纏めると自動車内の「水車」のようなパーツと表現しても良いでしょう。

ALFA ROMEO 156,ウォーターポンプ,PA861

ALFA156を例に考える ウォーターポンプ故障例

■ALFA ROMEO156
では、お問い合わせをいただいたアルファ156を例に、ウォーターポンプの故障例を書き出してみましょう。アルファロメオ156は購入してから5年目、約6~7万Km。前兆としてはカタカタという異音。他には駐車場に滴る水漏れも気にはなっていたらしいのですが。ご自身の自動車にも同様の症状はありますか?下記、故障例です。

■ウォーターポンプ故障例
今回のアルファロメオ156含む輸入車ウォーターポンプ故障例を書き出します。

■ウォーターポンプからの水漏れ
アルファ156も同様の症状が表れてしまっていたようです。駐車場などに滴る水滴。この水はウォーターポンプから出てしまっているケースがあります。それは ~~の原因となってしまいます。
この漏れてしまっている液体は何でしょうか?

■ウォーターポンプ インペラ(羽根)の破損
ウォーターポンプはプーリーをベルトによって駆動し内部のインペラと呼ばれる羽根を回転させます。
インペラと呼ばれるその羽根を回すことによって冷却水を圧送する事ができるのですが。このインペラは「ガラガラ」と激しく鳴る異音、その原因に起因しています。何故、異音発生の状態になってしまうのでしょうか??

■ウォーターポンプ プーリーに掛かるベルトの張りすぎ等による不具合
ウォーターポンプに限らず、ベアリングと呼ばれる滑り軸受けを使用しているパーツは沢山あります。
このベアリングが損傷してしまってもウオーターポンプは異音を発します。この様な理由でウォーターポンプから異音が発生してしまった場合、状態は悪化する一方です。次第に異音は大きくなり最終的にはプーリーが取れてしまい破損となってしまいます。

■次回へ続く アルファ156ウォーターポンプは何故焼きついたのか!?
さて、ここまで書き進めてくると故障原因の全体像がなんとなく見えて来るように感じますね。
駐車上に滴ってしまっている液体は??ガラガラと激しい異音の原因は?続きは5月27日更新です!
「ALFA156・後編 ウォーターポンプ故障|輸入車パーツ故障原因と解決策」」で書き進めて行きます。ウォーターポンプの故障原因から、ウオーターポンプ交換時の注意点について考えていきましょう。輸入車パーツでお困りの方、外車パーツをお探しの方、次回も是非ご覧下さい。

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ,外車パーツ取り寄せ、新品純正パーツ?リビルト部品?社外部品?~
さてアルファ156 ウォーターポンプについてブログを進めてきましたがいかがだったでしょうか?アルファロメオ156に限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。

今回のような社外部品は勿論、リビルトパーツ、純正部品など各メーカーに対応可能です。当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい。外車パーツの事なら、この道38年、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。今回取り上げているアルファ156ウォーターポンプ他、各外車メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ。

【ウォーターポンプ関連,輸入車パーツ】
ラジエアーター,ラジエターホース,電動ファン,電動ファンスイッチ,ラジエーターサブタンク,サーモスタット&ガスケットなど、これら関連パーツについても何かお困りの事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい?

輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口ALFA156.jpg

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -