2019/10/08

ワーゲン シロッコ 故障! エアコンコンデンサーをお取り寄せしました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ワーゲン シロッコ パーツ情報をお探しの方へ

ワーゲンをはじめ輸入車パーツ情報をお探しの方へ

フォルクスワーゲン シロッコをはじめ輸入車パーツの手配でお困りの事はございませんか?またはそれら輸入車パーツを定価で購入されてはいませんか?

このページはそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。この道一筋に長年培ってまいりました経験と、全国に築き上げた独自の仕入れルートを駆使してあなたの部品探しをしっかりサポートいたします!輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。

エアコンコンデンサー故障 交換品を迅速に手配いたしました!

ワーゲン シロッコ オーナー様よりエアコン関連部品のお問い合わせ
暑い季節、カーエアコンの故障によってお困りになられる方も多くいらっしゃいますよね。今回の更新で参考にさせていただく事例はそんなカーエアコン関連部品であるコンデンサーについて。お問い合わせを下さったのは東海地方にお住まいのワーゲン シロッコのオーナー様です。

ワーゲン エアコン故障

「連休中にエアコンが効かなくなってしまい、、。馴染みの整備工場に診てもらったのですが、交換品を自分で用意しようと思いインターネット検索をしていた所こちらのウェブサイトを見つけ連絡しました。部品番号などわからないのですが大丈夫でしょうか?」そうお電話を下さいました。

車検証にある17桁の車体番号をご準備のうえお問い合わせください

当社では部品番号がわからなくても大丈夫です!車検証に記載されている17桁の車体番号をお伝えいただければ適切な製品を手配できますので、もしご覧いただいている方の中にも躊躇されている方がいらっしゃいましたら、車体番号のみご準備いただき、ぜひお気軽にご相談下さい!

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

Volkswagen Scirocco

フォルクスワーゲンの人気モデル「シロッコ」
ワーゲンの車には「パサート(貿易風)」や「ジェッタ(ジェット気流)」など風にちなんだ名前を持つモデルがありますが、シロッコも地中海地方に吹き込む熱い風から名付けられています。

シロッコ(Scirroco)といえば新しいモデルも人気があり街中でも多く見かけるようにも思いますが、初代シロッコもいまだに多くの人に愛されているモデルなのではないでしょうか。いま見てもあのレトロなデザインは魅力的に映りますね。今回参考にさせていただいた事例のオーナー様が乗られているのも初代シロッコ。大切に乗り続けてきた1台との事でした。

エアコンコンデンサー持込み整備のために

オーナー様ご自身で部品探しを
さて、持ち込み整備の為にご自身でパーツ手配を行っていらっしゃるというオーナー様。近年ではオーナー様ご自身で交換部品を用意される方が本当に増えていますね。
そんなエアコンコンデンサーですが故障してしまった時にはどんな症状が発生してしまうのか?故障の原因はどんなところにあるのか?を調べていきましょう。

エアコンコンデンサー 機能と役割

エアコン用高圧冷媒を外気で冷却するために
自動車のエアコンが効かなくなってしまった時には幾つかの部品が原因として考えられます。沢山のパーツが関係し合い機能しているカーエアコン、そのエアコンサイクル内には「冷媒」が流れ、エアコン関連部品内部を循環しています。

数多くあるエアコン関連部品のひとつである「コンデンサー」。その役割は圧縮された高圧のガスを冷却するところにあります。コンデンサーに入った高圧ガスは外気によって冷却されることによって液体化し、次のパーツへと進んでいきます。

コンデンサー故障時の症状と原因は?

こんなトラブルでお困りではありませんか?
夏の自動車トラブルの中でも多くなってくるのがカーエアコンの故障。暑いなか冷房が効かないと本当に辛い運転となってしまいますよね。カーエアコンの主な故障原因としてはコンプレッサーやブロアファン、ラジエター等様々なパーツ故障が考えられますが、コンデンサーが故障してしまった場合にも、やはり「エアコンが効かない・・」「風がなまぬるい・・」といった症状が発生してきます。

トラブルの原因はどんなところに?
外気を受けるために一般的には自動車フロント部分(外気が多く当たる箇所)に設置されていることが多いのですが、そういった構造上の理由から事故による損傷や、飛び石による破損、雨や風の影響によって腐食してしまう事も少なくないようです。飛び石によって破損した箇所や、腐食してしまったところから発生してしまった「漏れ」がトラブルに起因しまったりするわけですね。

コンデンサーファンやリレーの故障

ファンやリレーが故障している可能性も
コンデンサーが効かなくなってしまう時には、先にお読みいただいたような損傷や腐食による影響が原因の一つとしてあげられるのですが、コンデンサーファンがある車の場合には、このファンが原因でトラブルが出てしまっていることもあります。コンデンサーファンが動かない事で、コンプレッサーも動かなくなってしまうケースや、ファンリレーの不具合によるトラブルの可能性もあります。

もちろんこれらパーツも車体番号をお伝えいただければ、スムーズにお見積もり致しますので、お困りの事があれば先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

カーエアコン関連部品も当社にお任せ下さい!
ご注文翌日にはコンデンサーが入荷、しっかりと梱包を施し発送いたしました。オーダーから2日後にはお客様のお手元に到着し、見積もり含め、迅速な対応をお喜びいただけたことを嬉しく思っております。

コンデンサーをはじめ、ファンやモーター、リレーなど、自動車エアコンの故障と一言でいっても、とても沢山の部品が関係してきます。今回参考にさせていただいたコンデンサー同様に、それら部品も「17桁の車体番号」をお伝えいただくだけで簡単にオーダーいただけます!お探しの部品名はもちろんですが、あとは車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備のうえ是非ご相談いただけたら幸いです!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください