2019/08/26

ベンツ(benz)vクラスパーツを手配! ビアノ(w639) ヒーターバルブ 故障と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メルセデスベンツ パーツ情報をお探しの方へ

ベンツ ビアノ w639をはじめ 輸入車パーツの手配は当社にお任せ下さい!

メルセデスベンツ(mercedesbenz)をはじめ輸入車パーツの故障や交換でお困りの事はありませんか?このページではそんな方々にお役立ていただける内容を心掛け更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。

東京都港区東麻布から全国へ向けて輸入車パーツを発送!輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がおおくりしております。今回の更新では「ベンツ vクラス w639 ヒーターバルブ」のお問い合わせ事例を参考にさせていただき進行いたします。

ベンツ VクラスW639 ヒーターバルブのお問い合わせ

ヒーターバルブをはじめカーエアコン関連パーツも当社にお任せ下さい!

お見積もりは無料です!

ボルト1本からでも お気軽にご相談下さい!

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

メルセデスベンツ vクラスについて

“Vクラスはよく故障してしまう”そんな話をたまに聞くことがあります。いまお読みいただいている方の中にもビアノをはじめvクラスにお乗りの方はいらっしゃいますか?実際お乗りになっていていかがですか?Vクラスは人気もある車種で街で見かける事も多くあるように思います。その独特なスタイルや、広い室内、頑丈な車体が人気の理由でしょうか。

メルセデスベンツ Vクラスとは??
Vクラスはメルセデスベンツの中では唯一の1ボックスタイプミニバンで、3列シート、乗車定員は6~7名とありますが、他にあるRクラスやGLSクラスとはコンセプトが異なりヨーロッパなどでは警察用車両や救急車としても使用されているようですね。

後継モデル「ビアノ」はベンツの高級ミニバン
Vクラス後継の「ビアノ」はミニバン専用設計という事もあってか、故障関連についても世間の評判は悪くないようです。そんなベンツ・ビアノ、比較的多いトラブルの一つがカーエアコン関連であり、交換部品として多くお問い合わせいただくパーツの一つが今回ピックアップしている「ヒーターバルブ」です。

ベンツ ビアノ カーエアコン故障!こんな症状はありませんか?

  • 暖房の効きが悪い
  • 車内がまったくあたたかくならない
  • 吹き出し口の左右に温度差がある

お乗りのベンツにも似たような症状はありませんか?今回の更新ではこれら症状にも起因するヒーターバルブの故障や交換に関する情報を纏めてみました。

エアコンが効かない!?その原因はヒーターバルブに

ヒーターバルブの交換の為に

お問い合わせを下さったのは東海地方の整備工場様。インターネットで当社の事を知って下さりお電話をいただきました。今回提案させていただいたのは下記の製品です。

  • BOSCHE(ボッシュ)製 ヒーターバルブ:品番 0018300684
  • 他適合車種:ベンツw638, w639, r129,V230,V280,V350,sl600,

ヒーターバルブとは?

クーラント(冷却液)の通路を管理するパーツ
ヒーターバルブまたはウォーターバルブとも呼ばれるこのパーツを簡単に説明させていただくと、冷房を効かせる時には熱を帯びたクーラントは邪魔になってしまうため「ヒーターバルブ」によってそれをブロックしています。エンジンルームから室内のヒーターコアに送る温水をコントロールします。暖房時には温まったクーラントを送り、冷房時には温まったクーラント(冷却水)をストップする働きをしています。

このバルブが故障してしまうと、例えば「クーラーを使用したいのに熱風が出てしまう」といった状況になってしまったり、反対に「あたたまらなくなってしまう」といった症状が発生してしまいます。カーエアコンの温度調節に不具合がある時には点検しておきましょう。

ヒーターバルブ故障原因とは?

カーエアコンの故障原因として比較的多くあるヒーターバルブの故障、その原因とは?
エンジン熱の影響を受けやすいパーツには劣化による故障が付き物です。バルブ点検時には他パーツの具合も同時にチェックしておくようにしましょう。修理の手間はなるべく少なくしたいものです。

ヒーターバルブからの水漏れ!その原因とは?

  • 「パッキンの劣化によって冷却液が漏れ出してしまう」
  • 「ホース取り付け部分が劣化してしまい水漏れしてしまう」
  • 「バルブ内部の錆び付きによる固着」

水漏れの原因としてはこれらの事が原因としてあるようです。エンジン熱によってゴム製品やプラスチック製品は劣化し亀裂やひび割れといったダメージが発生してしまいます。

関連パーツも一緒に点検しておきましょう
中にはバルブ内部に多くの錆が発生、開閉部が固着してしまい機能出来なくなってしまう事もあるようです。当社にも比較的多くお問い合わせいただくベンツパーツの一つです。また関連パーツとしてバルブに繋がっているヒーターホースも同時に交換される方が多くいらっしゃいます。無理に交換する必要はありませんが、ヒーターバルブ点検時には一緒に診てもらうと良いでしょう。

まとめ

安心のボッシュ(BOSCHE)製 ヒーターバルブをメルセデスに!OEM製品でベンツ・ビアノのパーツ交換を!ベンツをはじめ輸入車パーツはお任せ下さい
交換部品の際にはどんな選択肢から購入をお考えになりますか?例えば純正品のオーダーの為にディーラーに問い合わせますか?それとも社外品やOEM製品をご自身で探しますか?近年インターネット上でも手軽に輸入車パーツを購入する事が出来ますが、部品購入の際に困ってしまった事がある方や、なんとなく苦手だな・・そう感じている方も多くいらっしゃいます。

長年の経験を活かしてスムーズに問題解決!
電話対応も可能だからわかりやすい!ネット通販にはないスピード対応・スピード納期!
どんどんと便利になっていくインターネット通販ですが、回答を待つ煩わしさ等レスポンスの悪さや、製品購入時の不安感という面ではまだまだ使い慣れないという方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?そんな方にも是非ご利用いただきたいのが当社の安心のサービスです!

当社は全てのお問い合わせを代表の山口が対応させて頂きます。長年の経験で培ってきた経験と、独自の仕入れルートを駆使して、お客様のご要望にそった部品提案をさせていただきます。また当社はスピード回答を心掛け、出切るだけお客様をお待たせすることのないよう最善を尽くしております。その面も全国のプロフェッショナルからご評価いただけている要因かと自負しております。

納期を優先するか、価格を優先するか、その旨お伝えいただければご意向にあった製品提案もさせていただけます。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせの際は、車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -