2018/04/24

オイル警告灯点滅!ポルシェ・カレラ オイルプレッシャースイッチ交換!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ポルシェ カレラ 故障時の情報や、警告灯の点滅でお困りではないしょうか?、ポルシェをはじめ輸入車各種の不具合解消の為に毎週更新!「輸入車パーツお役立ち情報」です!

ポルシェ(porsche)オイル警告点灯 オイルプレッシャースイッチ交換!

ポルシェパーツのお問い合わせ!PORSCHE純正パーツをご希望のお客様へ迅速に発送いたしました!
輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます!このページでは外車パーツの故障や交換に関する情報をまとめ輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただける内容を心掛け更新しております。

輸入車パーツはお任せ下さい!
今回ピックアップするのはポルシェ(porsche)に使用するオイルプレッシャースイッチ、こちらのお問い合わせ事例を参考にさせていただき進行して行きます!オイル油圧警告の点滅でお困りの方はいらっしゃいませんか?また適正社外パーツや純正パーツが見つからずお困りの方はいらしゃいませんか?そんな方々にとって今回の更新が少しでもお役に立てたら幸いです!

ポルシェ(porsche) カレラ(callera)純正オイルプレッシャースイッチ商品情報

ポルシェ・純正パーツ
今回の更新で参考商品としてピックアップ致します、ポルシェ カレラに使用する純正パーツ・オイルプレッシャースイッチ情報です。もしも他にパーツ情報をお求めの方がいらっしゃいました是非お気軽にお問い合わせいただけたら幸いです。純正品をお探しなのか?社外品をお求めなのか?ご相談下さい!ご自身に最適な輸入車パーツを見つけ出しましょう!
■オイルプレッシャースイッチ(PORSCHE カレラ)■品番:99660620303

お急ぎで部品情報をお探しの方へ

ポルシェをはじめ各種輸入車パーツ 17桁の車体番号でスムーズに進行!!
部品情報をお探しの方はページ下部リンクよりどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!その再には車検証にも記載されている17桁の車体番号をご準備いただくとスムーズに適切なご案内をさせていただけます。

1・機能と役割
2・注意するべき故障時の症状
3・エンジン油圧警告灯にご注意を!
4・警告灯が点灯してしまったら!

オイルプレッシャースイッチ 機能と役割

オイルプレッシャースイッチとは?どんなふうに機能しているの?ここではまずその機能と役割をまとめてみたいと思います。エンジン内のポンプが、エンジン各部へと圧送している「油圧を監視」しているセンサー、もう少し補足すれば、規定の圧力によって動作するスイッチ、それが「オイルプレッシャースイッチ」で、油圧が規定値以下になるとオイル警告灯を点灯させる事で異常をドライバーに伝えます。エンジンを動かすには「エンジンオイル」が必要不可欠です。そのオイルが正常に循環している事を常にチェックしてくれているパーツというわけですね。オイルを汲み上げるポンプの性能低下や、劣化して硬くなってしまったオイルによって詰まりが発生しオイルの循環が悪くなってしまう事で「吸気バルブ」や「カムシャフト」等が焼きついてしまう事のないように「油圧の低下」を知らせてくれます。他にもオイルが何処からか漏れ出してしまっている時にも油量の減少によって下がった油圧の状況も警告してくれます。

もしも油圧警告が点滅・点灯してしまった時には出来るだけ早く点検整備を!また定期的なオイルチェックでエンジンオイルの状態や量を点検しメンテナンスを行う事で未然にトラブルを予防出来ることでしょう。

オイルプレッシャースイッチ 故障の症状

ではオイルプレッシャースイッチが壊れてしまうとどのような症状が発生してしまうのでしょうか?

警告灯の点滅
オイルプレッシャースイッチが異常をきたすと、オイルがしっかりと送り出されていても誤って警告灯が点灯してしまう事があります。この時「誤点灯だろう」と思っても警告灯の点滅には十分ご注意下さい。もしも本当に油圧が低下してしまっていた場合「エンジンの焼き付き」など重大な事態になりかねません。オイル警告が点滅した時にはそのまま走行せずにJAFやディーラーに連絡をとる事が望ましいかと思います。

油圧に異常があるとどうなってしまうのか?
油圧が上がりすぎてしまう事で「シール」や「パッキン」を傷めてしまい、「オイル漏れの原因」につながってしまう事も。油圧が下がりすぎてしまえば潤滑不足によってエンジンに悪影響を与えてしまいます。

エンジン油圧警告灯にご注意を!

例えば日頃のオイル交換やちょっとしたメンテンスが重大な故障を未然に防いでくれる事も多くあります!エンジンに影響をきたしてしまうほどの不具合を起こす前に日頃の小さな変化に気をつけておけたらと思います。
運転中に「エンジン油圧不足」の警告があった時には十分にご注意下さい。とても危険な状態にある可能性が高くあります。自動車のエンジンは常に内部にオイルが循環している事で正常さが保たれています。それは人間の血液と同じで、オイルが循環していない状態ではエンジンは数分ともたずに壊れてしまいます。

例えばカーブの時に点灯してしまうのであれば、それはオイルの量が異常に減ってしまっている状態なのかもしれません。カーブする事によって液面が傾くとオイルをくみ上げるポンプがオイルを吸い上げられなくなってしまう事が原因となっています。しっかりとオイル交換を行う事でこのようにオイルが減少してしまう事はありません。もしもエンジンが焼きついてしまえば高額な修理費用が必要となってしまいます。ちょっとしたメンテンスを大切に、小さな変化に気をつけたいものです。

もしもオイルランプが点灯してしまったら

油圧警告灯が点灯してしまった時には、そのまま無視して走行しないようにお願いします!最悪の場合ではありますがエンジン駄目にしてしまい高額な修理費用が必要になってしまいます。もしも油圧警告が点滅・点灯してしまったら、下記の事をチェックしてみて下さい。

  1. 安全な場所に自動車を停める!
  2. エンジンオイルの量を確認する!
  3. オイルが減少しているなら補充を!
  4. 正常にオイル量があってもご注意を!
  5. ロードサービスを呼びましょう!

もしも正常値オイルの残量があったとしても、
重大な問題がある可能性があります。
結局のところロードサービスに助けを頼むのが正解かと思います。
ご自身が呼ぶことの出来るロードサービスは何か?確認しておきましょう。

まとめ

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!
さてここまでポルシェ(PORSCHE)パーツ・オイルプレッシャーセンサーの交換や故障について進行してきましたがいかがだったでしょうか?当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し「適切なパーツ特定」と「迅速な対応力」をご評価いただいております。是非一度お気軽にお問い合わせ下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -