2018/04/24

ダッジ ナイトロ(DODGE)純正ヘッドランプ交換!輸入車パーツ故障時の症状と原因

 

この記事を書いている人 - WRITER -

DODGE(ダッジ)ヘッドランプ交換!

国内欠品中のため本国オーダーにて調達いたしました!輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口のウェブサイトにアクセスいただきありがとうございます!このページでは外車パーツの故障や交換に関する情報を纏め、輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただける内容を心掛け更新しております。

今回ピックアップするのはダッジ(DODGE)ナイトロ・ヘッドランプ交換の為にお取り寄せした純正ヘッドランプ!こちらの事例をを参考にさせていただき進行して行きます。ヘッドランプの不具合でお困りの方はいらっしゃいませんか?また日本国内欠品中のパーツでお困りの方はいらしゃいませんか?今回の更新が少しでもお役に立てたら幸いです。

さてヘッドランプに纏わる不具合といえばどんなものがあるでしょうか?例えば「ヘッドランプの黄ばみや曇り」「ヘッドライトが点かない・・!」といった故障や不具合の原因や対処方法は?「なんだか最近ヘッドライトが暗くなってしまっている・・」こんな時にはどうしたら良いの?そんな疑問を解消出来るよう調べて行きます!

純正ヘッドランプ お急ぎで部品情報をお探しの方へ

部品情報をお探しの方はページ下記リンクよりどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせの再には車検証にも記載されている17桁の車体番号をご準備いただくとスムーズに適切なご案内をさせていただけます。

1・種類と各特徴
2・故障時の症状
3・故障原因
4・交換について
5・適合パーツをしっかりと手配する為に!
6・輸入車パーツは当社にお任せ下さい!

ヘッドランプの種類と各特徴

ヘッドランプには幾つかの種類があります。そのおおまかな特徴を見てみましょう。
自動車のフロントに設置され大きな光原を必要とするヘッドランプ。夜間や降雨、霧発生時、降雪時などに視界を確保すると共に、他車や歩行者に自分の車幅や存在を知らせるための役割もはたしています。一般的にハロゲン球が多く装備されているのかなと思いますが、ハロゲンの他にも「LED」や「ディスチャージ(HID)」といったものがあります。

LEDとは?
低消費電力、美しい発光色、光源は弱い
ディスチャージ(HID)とは?
視認性に優れ寿命も長い
ハロゲンとは?
交換式の電球を内蔵する。現在も多くの車に用いられている

簡単な紹介ではありますが一口にヘッドライトといっても各種類によってそれぞれ特徴がありますね。ご自身の車にはどちらの種類が取り付けられていますか?

ヘッドランプ不具合の症状

ヘッドランプが黄ばんでしまったり、光度が下がってしまったり、そんな不具合の症状と原因を調べてみました。ご自身の車にも同じ様な症状はございませんか?

ヘッドランプの黄ばみ・曇り
黄ばんでしまったり、曇ってしまったり、自動車が古く見えてしまう要因の一つですよね。たとえ旧年式の自動車でもヘッドライトがクリアで透き通って綺麗に保たれていれば、それだけでもとても美しく見えてしまうなと思います。曇りによって光量が低下してしまえば「車検」を通るか否かも心配です。ではもしも黄ばんでしまったり、曇ってしまった時には専門業者さんにお願いするしか方法はないのでしょうか?そしてその原因とは?

光量の低下
先にもふれたように車検の検査ラインにはヘッドライトの光量検査があります。文字通り光の量が十分であるかの照度を検査するものなのですが、光量不足で車検をパス出来ない事が稀にあります。その原因はヘッドライトバルブに問題がある場合と、レンズに問題がある場合との2通り。「バルブに問題がある場合と、レンズに問題がある場合」双方の原因と対処方法を次の項目で調べてみましょう。

ヘッドライト故障原因

それではヘッドライトの黄ばみや照度低下の原因はどんな所にあるのでしょうか?ここではその原因について纏めます。

なぜヘッドライトは黄ばむのか?
例えばカー用品店でクリアレンズ液を購入し磨いてみても期待した効果は得られなかったという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?外側のレンズを磨けても、レンズ内側が曇ってしまっていれば解消には至れませんよね。

そして一昔前には自動車のヘッドライトはガラス製でしたが、デザイン性やコストダウン等の理由から近年は樹脂製のモノも多くなっています。樹脂製のヘッドライトレンズ内の洗浄は一般ユーザーには困難なケースが多いようです。また樹脂自体が黄ばみやすい性質もある事や、ワックスやコーティングをしたまま放置してしまう事ですぐに黄ばみが発生してしまいます。

照度の低下原因は?
「バルブに問題がある場合」その原因の一つにバルブの劣化があります。ヘッドライトバルブは強く光っているように見えても少しづつ劣化しその光量は低下してしまいます。バルブが切れる寸前では新品時の6割~7割程度の明るさに低下してしまいます。

こうなってしまっている状態では光量不足により車検通過できない事も。バルブ交換はユーザー自身で行う方も多くいらっしゃいます。またカー用品店やガソリンスタンドでも工賃数百円で行ってもらえます。もちろん当社ではバルブのみのオーダーも承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!ご自身の車に適合するバルブがわからなくてもご心配なく!17桁の車体番号をお伝えいただければ、あなたの車に適切な商品を手配いたします!

ヘッドランプ・バルブ交換について

今回いただいたオーダーは日本国内欠品中のヘッドランプの為、本国アメリカへ手配した事例です!もしも必要なパーツが見つからずにお困りの方は是非一度当社までお問い合わせ下さい!ヘッドランプ本体のオーダーも勿論、バルブをはじめ関連パーツもお任せ下さい!
例えばバルブを交換する際に「LED」にするか「HID」にするかの選択肢があります。とはいってもどんな違いがあるのかいまいちわからない・・・そんな方のために各種類のメリットとデメリット・その違いについて纏めます。


LED・立ち上がりの早さ

点灯速度と寿命でいえばLEDに軍配が上がるようです。全開になるまで10秒以上かかるHIDに比べ、LEDはほんの数秒で全開となります。ただHIDに比べ光量で劣り、放熱が課題とも言われています。LEDは明るさを求めると自身の熱で壊れやすくなってしまうそうです。
HID・明るさで選ぶなら
ヘッドライトで気になるのは照度。LEDとの比較ではHIDの方が明るいとされているようです。ただ光の立ち上がりに時間を要するという点も特徴の一つ。メリットしては光量であり、デメリットとしては立ち上がりの遅さといえるでしょうか。
ハロゲン?それともLED?HID?
光の色、その見た目にもそれぞれの違いがあり、好みによって選ぶのもまた楽しさの一つなのかなと想います。青が入った光がお好きな方であればHIDを。白に近い色が好みであればLEDを。黄色が入った光であればハロゲンをどうぞ。

適合パーツをしっかりと手配する為に!17桁の車体番号をお伝えいただくだけ!

簡単手続きで最適な輸入車パーツを!
例えばご自身の車に適合するパーツをお探しの時、そしてそれらが見つからずにお困りの時には是非お気軽に当社までご連絡下さい当社のお見積もりフォームから、またはお電話にて、車検証にある17桁の車体番号と必要なパーツをお伝え下さい。たったそれだけの簡単手続きでお見積もり可能です!

例えばこんな情報や部品が見つからずにお困りではないでしょうか?

  • 日本国内欠品中のパーツ
  • 生産中止になってしまったパーツ
  • 希少すぎて何処をあたっても断られてしまったパーツ
  • 優良社外部品・リビルト品・OEM製品
  • 逆輸入車や並行車のパーツ

希少な輸入車パーツも諦めないで下さい!
日本国内には在庫がなく入手出来ない状態となっているパーツや、既に生産中止になってしまっている車の部品でもあきらめないで下さい!何処へ頼んでも見つからなかった・・・、そんな輸入車パーツはありませんか?勿論100%とは限りませんが、当社ならばそんなご要望にも応えられるかもしれません!

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!

さてここまでエアコンコンプレッサーの交換や故障について
進行してきましたがいかがだったでしょうか?当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し、「適切なパーツ特定」と「迅速な対応力」をご評価いただきご利用いただいております。是非一度お気軽にお問い合わせ下さい!

自身の車に適合するパーツを準備するには?
例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備し「持ち込み整備」を依頼を行われる方が近年多くいらっしゃるようです。
「コストを出来るだけ抑えたい・・・」
「希少部品の為なかなかパーツが見つからない・・・」
「社外品やOEM製品を探しているが適合パーツがわからない・・・」

そんな風にお困りの方もいらっしゃるでしょうか?
上記の様に輸入車パーツをお探しの時には是非当社に一度ご連絡下さい。
この道38年で築き上げた独自ルートから、
お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!

この記事を書いている人 - WRITER -