2018/04/24

メルセデスベンツ(benz)ABSセンサー交換!輸入車パーツ故障の症状と原因

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ABSセンサーのお問い合わせ 社外品をご希望のお客様へ迅速に発送いたしました!
輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口のウェブサイトにアクセスいただきありがとうございます!このページでは外車パーツの故障や交換に関する情報を纏め、輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただける内容を心掛け更新しております。今回ピックアップするのはメルセデスベンツに使用するABSセンサーのお問い合わせ事例を参考にさせていただき進行して行きます!ABSセンサーの不具合でお困りの方はいらっしゃいませんか?また社外品パーツが見つからずお困りの方はいらしゃいませんか?そんな方々にとって今回の更新が少しでもお役に立てたら幸いです。

MercedesBenz(メルセデスベンツ)S550(W221)ABSセンサー

■リアABSセンサー■品番:2219057300

ベンツパーツ お急ぎで部品情報をお探しの方へ
部品情報をお探しの方はページ下記リンクよりどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせの再には車検証に記載されている17桁の車体番号をご準備いただくとスムーズに適切なご案内をさせていただけます

  • Mercedes Benz, S550 (W221)
  • リアABSセンサー・2219057300
  • フロントABSセンサー・2219057100

メニュー
1・機能と役割
2・故障時の症状
3・故障原因
4・交換について
5・適合パーツをしっかりと手配する為に!
6・輸入車パーツは当社にお任せ下さい!

ABSセンサー機能と役割

ABS警告が点灯している時にはABS機能が点灯強いる間はABS機能がストップしてしまいます。もしも緊急のブレーキをかけなければいけない時にとても危険な状態であるといえますね。危険なトラブルを防ぐ為に、おおまかにでもABSセンサーについての情報をお読みいただけたらと思います!先ずはABS線センサーが果たしている役割を簡単に調べておきましょう。

アンチロックブレーキシステム(Antilock Brake System)
急ブレーキまたは滑りやすい状況でのブレーキ操作時に、車輪ロックによる滑走発生を低減する為の装置です。アンチロックブレーキングシステムの頭文字を取ってABSセンサーと呼ばれています。「急ブレーキを掛けた場合」や「路面が凍結している場合」、タイヤと路面の間に発生する摩擦に十分ではなくブレーキによってタイヤがロックしてしまう事があります。この状態になってしまうとタイヤがロックしている事によって滑走(スリップ)してしまうという恐ろしい状況になってしまいます。

一旦タイヤがロックし滑ってしまえばハンドル操作(ステアリング操作)効かなくなってしまい、「制御不能状態」になってしまいます。もしもそうなってしまったらどんな事になってしまうでしょうか?横転の危険性、前を走る車への衝突、、そんな重大な事故を発生させてしまう危険に晒される事になってしまうのです。コンピューター制御などによってこのような事故を防ぐよう機能してくれるのが「ABSセンサー アンチロックブレーキシステム」です。

ABS不具合の症状

ブレーキを強く踏み込んでもいないのにABS警告灯が点灯してしまった・・・!ABSセンサーに纏わる不具合の症状には様々なモノがあるかと想いますが、ご自身の車にも下記のような症状はございませんか?
ここではABS故障時の各症状を調べてみましょう。多くあるという「ABS警告灯とTRACS OFF表示灯の同時点灯」などセンサー故障時にはどのような症状があるのでしょうか?

  • ABSセンサー故障時の症状一例
  • ABSランプの点灯
  • スピードメーターの動きがおかしい
  • 3速にシフトが固定されてしまう

警告灯とTRACS OFF非表示の同時点灯は、ABS機能が停止してしまった状態がゆえに発生してしまう症状のようですが、上記の症状が発生してしまう原因はどんなところにあるのでしょうか?

故障原因 ABSセンサーは何故壊れる?

ABSセンサーが故障してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?
故障原因一例

  • センサーの断線やショート
  • 車輪速センサーの不具合
  • ABSコンピューターの不良
  • アクチュエーターに不具合
  • ABSユニットの故障

他にも左右のタイヤサイズが(直径)があまりにも違ってしまっている場合にも警告灯は点灯してしまうそうです。
ただこれらのようにabs警告が表示されている状態でも、運転している感覚は普段と変わりありません。ABSセンサーの故障はブレーキそのものに影響を与えるものではなく、「万が一の時」に大きな危険を伴うものです。もしも警告灯が点灯してしまっても焦らずに
そして放置する事のないようにしっかりと点検を受けるようにしましょう。

ABSセンサー交換

ABSセンサーを交換するにあたって気になるのはその「交換時期」や「費用」「修理する事は可能なのか?」「純正品なのか?社外品なのか?」「どうすれば適正パーツを仕入れる事ができるのか?」ABSセンサー交換時の疑問点を調べます。

  • ABS交換費用を知るには?
  • 工賃はどの位必要になるのか?

ABSセンサー故障時にはコンピューターに繋げる事で点検します。交換となった場合には全部で4つあるセンサー全てを一度取り外さなければなりません。となると多くの所要時間が必要となる事から、ある程度の工賃はかかってきます。車種や店舗によって違いはありますが、幾つかのサイトを拝見し輸入車ブレーキ等の足回り作業1時間の工賃目安を仮に¥6.000~¥7000(あくまでもおおよその目安としてご覧下さい)、4つのABSセンサー全てを取り外すとなるとおおよそ2~3時間程は必要となるでしょうか?実際に修理に出される場所にしっかりと確認しておきましょう。

パーツ費用・純正品と社外品の金額の違いはどのくらい?輸入車パーツ定価で買っていませんか?
他にもあるブログを読んでいたところ「純正ABSセンサー」1つの料金が約¥20.000以上必要だったと書かれていました。仮にそれを1台分とするとその4倍。車種や店舗によって違いが出てくるかと思いますが、「純正品にするか?」「社外品を選ぶか?」で費用に差が出てきます。しかし多くのユーザーが社外品をどのように調達すれば良いかわからずに純正品を選ばれているのではないでしょうか?純正品という選択肢の良し悪しではなく、「パーツ費用を出来るだけおさえたい」「でも適正パーツがわからない」「社外品はなんとなく不安なんだけど」とお考えの方にも、当社ならば安心の優良社外品パーツを調達する事が可能です。

社外品・適正パーツを手配するには?
車検証にも記載されている17桁の車体ナンバーをお伝え下さい。場合によって車種や年式をお伺いする事もございますが、17桁の車体番号をお伝えいただくだけで、ご自身の車と、ご要望にそったパーツの提案をさせていただけます!もちろん相談・お見積もりは無料でサービスさせていただいております。価格優先なのか?納期優先なのか?そういったところもお気軽にご相談いただけたら幸いです。

簡単手続きで最適な輸入車パーツを!

例えばご自身の車に適合するパーツをお探しの時、
そしてそれらが見つからずにお困りの時には是非お気軽に当社までご連絡下さい。
当社のお見積もりフォームから、またはお電話にて、車検証にある17桁の車体番号と必要なパーツをお伝え下さい。
たったそれだけの簡単手続きでお見積もり可能です!

例えばこんな情報や部品が見つからずにお困りではないでしょうか?

  • 日本国内欠品中のパーツ
  • 生産中止になってしまったパーツ
  • 希少すぎて何処をあたっても断られてしまったパーツ
  • 優良社外部品・リビルト品・OEM製品
  • 逆輸入車や並行車のパーツ

これらはあくまでも当社取り扱い事例の一つにすぎませんが、クラシックな希少自動車にお乗りのオーナー様や、困難な整備を依頼される事の多い整備士様、専門店、ディーラー様ら全国各地多くのプロフェッショナルから、当社のサービスをご定評いただいております。

輸入車パーツは当社にお任せ下さい!\

さてここまでエアコンコンプレッサーの交換や故障について進行してきましたがいかがだったでしょうか?当社は欧州車やアメ車は勿論、全ての輸入車パーツに対応し、「適切なパーツ特定」と「迅速な対応力」をご評価いただきご利用いただいております。是非一度お気軽にお問い合わせ下さい!

自身の車に適合するパーツを準備するには?
例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備し「持ち込み整備」を依頼を行われる方が近年多くいらっしゃるようです。

「コストを出来るだけ抑えたい・・・」
「希少部品の為なかなかパーツが見つからない・・・」
「社外品やOEM製品を探しているが適合パーツがわからない・・・」
そんな風にお困りの方もいらっしゃるでしょうか?上記の様に輸入車パーツをお探しの時には是非当社に一度ご連絡下さい。この道38年で築き上げた独自ルートから、お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください