2018/04/27

クラッチジャダー発生!?ギアが入らない?半クラッチで強い振動!ワーゲン・ビートル|輸入車パーツ故障原因と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

輸入車パーツに関する情報をお探しの皆様へ向けて、お役立ていただけるコンテンツを心がけ更新していきます!信頼と実績でこの道38年・港区東麻布から全国へ!迅速なスピード対応・お見積もり・相談無料!外車部品専門店パーツスペシャリスト山口です。

クラッチ故障!半クラッチ時の強い振動!フォルクスワーゲン・ビートル

半クラッチ時の不快な振動・・!クラッチジャダーという症状をご存知でしょうか?
オートマ車が主流となっている近年、マニュアル免許を取得する人も少なくなってきている状況です。もしかしたらクラッチ操作をしらないドライバーもいらっしゃるのかもしれない・・そんなことすら考えてしまいますが、やはり未だに人気があることも事実であるマニュアル車。そこにはオートマ車にはない運転する楽しさがある反面、独自の不具合が発生してしまうという面もありますよね。
例えば、、、、
・1速発車する時の半クラッチ時にミッション付近から「ガガガガ」などといった違和感が発生
・いつもより半クラッチがしにくい、繋がりが悪く感じる

そんな状態でお困りの方も多くいらっしゃいます。「クラッチジャダー」とは自動車発進時の半クラッチ状態で発生し、車体が前後方向に激しく振動してしまう減少をいいます。この減少はクラッチで発生する不具合が原因で発生してしまう症状の一つです。
起因しているパーツはフライホイールやクラッチディスク、プレッシャープレートといったパーツの状態が悪い時に発生してしまう事があります。今回の更新ではそんなクラッチジャダーを題材に、クラッチ故障時の症状や交換について調べて行きます!

【お急ぎで商品情報をお探しの方へ】

発送・参考データ
商品納期・料金詳細

パーツ納期 参考事例
お見積もり後、ご注文をいただいたクラッチキット。
午前中のオーダーをいただき、翌日スムーズに商品入荷!。
入荷後、検品・梱包をしっかりと行い発送完了いたしました!
入荷翌日にはお客様のお手元に到着いたしました!
※当社は日々全国各地からのお問い合わせに対応しております。
遠方にお住まいの方もどうぞお気軽にご利用いただけたら幸いです。
商品情報詳細をお探しの方は下記パーツナンバーリンクよりお進み下さい。

今すぐ部品の値段・納期詳細を知りたい方は、17桁の車体番号をご連絡下さい。
(※1980年以前は17桁ではありません)
(※アメ車の場合はダッシュボードのシリアルナンバーを)

お見積もり・お問い合わせフォームはページ下記バナーからご利用いただけます。
お見積もり・相談無料です!是非お気軽に当社のサービスをご活用下さい!

SACHS H/D クラッチキット・200mmレイトタイプ

品番:EG-223A
(※販売価格はその時の状況により異なります。定価は予告なく変更される場合がありますのでご注意下さい)
商品内容

  • クラッチパイロットツール(プラスティック製)(TL-036)
  • スラストベアリング(レイトタイプ)(EG-230A)
  • クラッチディスクプレート200mm(スプリングタイプ)(EG-229A)
  • クラッチプレッシャープレート200mmレイトタイプ(EG-227A)

フォルクスワーゲン純正指定パーツでもあったSACHS社の高水準な3点キット。クラッチのオーバーホールは欠かせない整備の一つですよね。エンジンを降ろしたらこの3点交換は必須といって良いでしょう。プレッシャープレートはエンジンのパワーを余す事無くスムーズにトランスミッションへと伝えてくれます。スラストベアリングは古くなってくるとグリス漏れや異音が発生してしまったりします。消耗品であるパーツをリーズナブルに纏めた3点キット。交換時期が近い方や、不具合が発生してい整備をお考えの方はこちらのキットはおすすめです!

—- 目次 —-
1・クラッチディスクとは?
2・クラッチ故障の症状と原因
3・交換について

クラッチディスクとは?

エンジンの動力を伝え、接続時のショックを軽減し、振動を抑える。その役割の多さから厳しい条件が求められる重要なパーツです。消耗品?先ずはクラッチディスクその機能と構造を詳しく調べてみましょう。

クラッチの役割とは?

エンジンから出力される回転数をトランスミッショというパーツを介してタイヤへと伝えます。ですが、エンジンからタイヤまで全ての回転軸が繋がったままの状態でブレーキを踏んでタイヤを停止させてしまうと、エンジンも同時に止まってしまいます。これが即ちエンストです。

また、トランスミッションギアを変速する時にはエンジンの回転数が途切れていないと、回転を一定に保ち変速する事が出来ないので「ギヤが入らない」という状況になりかねません。その為トランスミッションとエンジンの間にクラッチを設置してあるのですね。
クラッチはペダルを踏む事でエンジンとミッションを切り離し駆動力の伝達を阻害、この仕組みがあるから、ブレーキを踏んでもエンジンを止める事無く、スムーズな変速が出来る様になっています。ちなみにオートマ車の場合はクラッチの代わりにトルクコンバーターを使用しますが、トルクコンバーターの場合は直結されておらず、オイルを介してパーツを回転させるためどちらかを急に止めても相手側には影響が及ばないようになっています。

エンジン動力を伝える為の重要部品

耐久性
磨耗係数を調整し、耐熱性を上げる。更にこれらと同時に耐久性・耐摩耗性が高いことが必要とされます。

耐熱性
動力を繰り返し伝達・切断するため、摩擦面が耐熱性に優れている事、温度変化による磨耗係数の変化が小さい事が要求されます。

ショック軽減の構造
「クッションプレート」クラッチディスクに挟まれるように組み込まれているのが「クッションプレート」です。エンジンやトランスミッションへのクラッチ接続時の衝撃吸収を目的として組み込まれているパーツで、ガタガタとした振動を和らげ、スムーズな接続で快適な乗り心地の為に機能しています。

「ダンパースプリング」ダンパーラバーとも呼ばれているスプリングによって回転方向の衝撃を吸収します。急な接続ショックを軽減し半クラッチ等のコントロールを補助してくれます。

「磨耗係数」クラッチディスクの磨耗係数が高すぎると、クラッチディスクがフライホイールに僅かに触れるだけで、半クラッチのコントロールが難しくなってしまいます。厳しい条件異常の働きを求めるとき、社外品などの強化クラッチが必要となる事も。

クラッチ故障の症状と原因

では次にクラッチが消耗してしまっている時に発生してしまう症状を調べてみましょう。ご自身の車にもこの様な症状は発生していませんか?

クラッチ消耗時の症状一例

・運転中に振動が発生する
・燃費が明らかに悪くなる
・エンジン回転数に対して速度が出ない
・踏み込んでも加速しなくなってしまった

振動や異音の発生はわかるけど、何故燃費まで悪くなってしまうの?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうか?クラッチが消耗しているがゆえにエンジンエネルギーをトランスミッションへ伝える事が出来なくなり上記のようになってしまいます。マニュアル車はオートマ車に比べ燃費が良いといわれる事もありますが、消耗したクラッチではエネルギー伝達効率が低下してしまい燃費の低下、回転数と速度の不一致となってしまうわけですね。

クラッチ消耗状態の確認方法は?

クラッチが消耗しているか否かを調べる方法として、こんな方法をネット等で読んだ事はありますか?サイドブレーキをしっかりと引き、アイドリング状態にしてクラッチを踏み込み、ギアを1速に入れ、ゆっくり繋げる。その瞬間にエンストするのなら、クラッチはまだまだ消耗していない証拠。逆に繋がったのにエンストするまで時間がかかる場合はクラッチが消耗している可能性が高くなる。という方法なのですが。クラッチが消耗していなければ、エンジンエネルギーはクラッチを繋いだ瞬間に100%トランスミッションに伝わるためエンストします。しかし消耗している状態でエンストするまでに時間がかかるという事になります。ただし、わざわざエンストさせてしまうのは車体にも決して良い行動ではありませんので、大切な愛車の状態を意識し、先に書いた症状が発生した時にはしっかり整備しておくようにしましょう。

交換について

「交換時期はどの位を目安にしたら良いの?」「クラッチ交換費用はどのくらいかかるの?」ここではそんなクラッチ交換についての情報を纏めます。クラッチディスク交換をご検討の方に参考までにご覧いただけたらと。

交換時期はどの位?

クラッチは大切に扱っていると長い期間交換のする必要のないパーツと言う方もいらっしゃいます。しかし構造上消耗を避けられないパーツでもある為、人によってはジャダーなどといった不具合が発生してしまうケースも。その為クラッチ交換の目安は「走行距離」ではなく「クラッチが滑りだしたら」と言われてもいます。「クラッチが滑るとは?」そう疑問に思われた方もいらっしゃるでしょうか?それは先ほど上げた故障時の症状にもある「回転数が上がるのに、加速してくれない」といった事や、「勝手に半クラッチ状態になってしまう」という状況の時クラッチが滑ってしまっている可能性が高いでしょう。

クラッチの交換費用はどの位?所要時間は?

交換費用や所要時間は車種によって大きく違いが出てきます。何故か?それは各自動車の構造上の問題で、エンジンを下ろさなければクラッチ交換が出来ない車と、エンジンを下ろさなくても作業が出来る車と、当然その工賃には大きな違いが出てきます。
エンジンの脱着が必要な場合は¥100.000異常の費用がかかる事もあるでしょう。エンジンを外さなくて良いのであれば¥50.000程と、大まかな表現ではありますがそのくらい金額に違いもありえるようです。もしもエンジンを下ろす機会がある方は、その時にクラッチの点検も考えておくと良いかもしれませんね。

パーツ納期はどれくらい?

パーツスペシャリスト山口のスピード対応を是非ご活用下さい!
お見積もり後、ご注文をいただいたフェールフィルター。午前中のオーダーをいただき、翌日スムーズに商品入荷!。
入荷後、検品・梱包をしっかりと行い発送完了!ご注文から入荷翌日にはお客様のお手元に到着!当社が長年培ってきた信頼のネットワークが安定したスピード対応を可能にしてくれます。今回の様に通常オーダーであれば、最短当日に商品発送出来るケースもございます。商品によって、お住まいの地域によって、商品到着までの時間は異なります。どのくらいでお手元に届くのか?是非お気軽にお問い合わせ下さい!

丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!

遠方にお住まいのオーナー様もご安心下さい!パーツ入荷後はスタッフがしっかり検品・梱包。良質な商品をお届けする為に細かな作業も怠りません!さて今回の商品もスタッフが丁寧に梱包を施し発送完了しました。例えばウィンドウガラスや、ボンネット、ヘッドランプ、精密機器、といった運送中の事故が心配な商品の発送もご安心下さい。鈑金の先端や、ガラス表面、商品の傷付きやすい部分を重点的に補強ここまでも全国のお客様より信頼をいただいております!ここ数年でネットを通じて当社を知っていただきご注文をいただく事が増えております!はじめての方もどうぞお気軽にご連絡下さい!

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ取り寄せ、新品純正輸入パーツ、リビルト部品、社外部品~

さてクラッチの交換について進めてきましたがいかがだったでしょうか?
今回のパーツに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方、そんな方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。純正パーツは勿論、リビルトパーツ、社外部品など輸入車全てのメーカーに対応可能です!当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。
初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい!外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?
輸入車部品定価で買っていませんか?外車パーツの事なら、この道38年輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。フォルクスワーゲン他、各外車メーカーパーツのお問い合わせは輸入車パーツお見積もりフォームよりどうぞ。

【クラッチキット関連パーツ】
クラッチマスターシリンダー
クラッチレリーズシリンダー
クラッチワイヤー
これら関連パーツに関しても勿論対応可能です。フォルクスワーゲンに限らず輸入車パーtの故障でお困りの事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -