2018/05/01

GM キャデラック・エンジン警告灯|輸入車パーツ故障原因と交換

 

この記事を書いている人 - WRITER -

キャデラックをはじめGMパーツでお困りの事はございませんか?今回の「輸入車パーツお役立ち情報」はキャデラック・エスカレードのO2センサーもお問い合わせいただいた事例を参考にさせていただきました。

警告灯の点滅・燃費の低下!?O2センサー故障

急ぎで手配して欲しいパーツがあるのですが、、、GM・O2センサー取り寄せは可能でしょうか・・・?」
お問い合わせを下さったのは東海地方で営業されているご新規の整備工場様。キャデラック・エスカレードが入荷し、かなりお急ぎでパーツをお探しとの事。「お任せ下さい!」17桁の車体ナンバーをご準備いただけていた事もあり、さっそく準備を開始する事が出来ました。今回の更新では、GM・O2センサーのお問い合わせから発送までの流れ、商品の詳細、O2センサーに関する故障や交換について進行して行きます。

【お急ぎで商品情報をお探しの方へ】
GM・O2センサー発送・参考データ パーツ納期・料金詳細
パーツ納期 参考事例
今回ご注文をいただいたキャデラック・エスカレードのO2センサー、国内に在庫が見つからなかった為、本国アメリカへのオーダーとなりました。納品まで約3週間、掛かってしまいましたが、お客様には見積もりなどの対応の早さを喜んでもらえたのは嬉しかったです。入荷後、検品・梱包をしっかりと行い発送完了!翌日午前中には無事お手元に届いたとご一報いただけました。

※当社は日々全国各地からのお問い合わせに対応しております。遠方にお住まいの方もどうぞお気軽にご利用いただけたら幸いです。商品情報詳細をお探しの方は下記パーツナンバーリンクよりお進み下さい。今すぐ部品の値段・納期詳細を知りたい方は、17桁の車体番号をご連絡下さい。

お見積もり・お問い合わせフォームはページ下部バナーからご利用いただけます。お見積もり・相談無料です!是非お気軽に当社のサービスをご活用下さい!

■GM キャデラック エスカレード O2センサー
■品番:12565397
(※販売価格はその時の状況により異なります。定価は予告なく変更される場合がありますのでご注意下さい)

—- 目次 —-

1・O2センサーとは?
2・こんな症状は出ていませんか?
3・故障原因一例
4・O2センサー交換・交換時の注意点
5・併せて読みたいGMパーツ関連記事
6・パーツ納期はどれくらい?
7・丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!
h

O2センサーとは?

燃費の低下や、警告灯の点滅、お困りではありませんか?
その不具合はO2センサーの不具合によるものかもしれません

その名の通り、酸素の量を測る為にあるパーツです。O2センサーはエンジンの状態を、ガソリン燃焼後に残る「酸素の量」で判断しています。マフラーに取り付けられ、排気ガス中にある酸素の量を計測する事で、エンジン内部の燃焼が正常に行われているかを監視しています。

こんな症状は出ていませんか

O2センサー故障時に表れる不具合にはどんなものがあるのか?簡単に見ておきましょう。ご自身の車に下記の様な症状はありませんか?

O2センサー不具合の症状一例

  • アクセルを踏み込んでも立ち上がりが悪く調子が出ない
  • 警告灯が点灯(点灯しない車種もあります)
  • エンジンの調子が悪い
  • エンストしてしまう
  • アイドリングが乱れて不安定になってしまう
  • 最近燃費が悪くて困ってしまっている

いかがでしょうか?ご自身の車にもこのような症状はありませんか?では、何故このような症状が発生してしまうのかを調べて行きましょう!

故障原因一例

オイルの付着 ・コネクタ部分の溶解 ・センサー内部への水の浸入等
センサー不具合の原因について調べて行きましょう。

オイルの付着

センサー自体に付着してしまうオイル。これはセンサーの出力電圧異常に起因してしまいます。

センサー内部への水の浸入

外部からの圧によってシール部分の性能が低下。またグロメット等の溶解によってセンサー内部へ水が浸入してしまう事があります。

コネクター部分の溶解

O2センサーが取り付けられているのは、マフラー(エキゾーストマニホールド直後)です。つまり排気ガスを常に受けている状態です。また排気ガスを受け続ける事で、O2センサーの表面は黒く汚れて行ってしまい、排気ガスを感じ取れる感度は少しづつ低下してしまうケースもあるようです。「ガソリンが足りていない事に気がつけない」「ガソリンが多すぎるのにわからない」こうなるとどうなってしまうのでしょうか?懸念されるのは燃費の悪化、燃費はユーザーにとって重要なポイント。走行性や安全面は勿論、費用は大切にしたいところです。O2センサーは酸素濃度のデーターを車のコンピューターに送ります。それによって空気の割合を、その時の最適な比率に制御しています。センサー不良によって燃料の割合が多くなり、燃費が低下してしまうという状況になってしまいます。

O2センサー交換 ・ 交換時の注意点

費用面・安全面・双方において効率の良い交換方法とは?
二度手間を避ける為のご注意を!

同時交換の勧め

以前いただいたお問い合わせにあった事例です。あるベンツオーナー様が警告灯の点滅により修理工場へ出向いた時の話なのですが「片方のO2センサーを交換し警告灯は消えたのですが、劣化が進行している他のセンサーも同時交換した方が良いですよ」との勧めがあったそうです。

こんな時はどう判断するのが適切なのでしょうか?一概には言えませんが、他O2センサーは再度警告灯が点いてからでも良いかと考えます。他センサーも同時期に故障する事は稀である事から、ここでは無理に交換しなくとも良いかなと考えます。勿論、人それぞれ考え方があります、状況も様々かと思いますので、エンドユーザーとしては自身の状況を出来るだけ把握する事がとても大切かなと思います。

問題点の解決を

O2センサーが異常をきたしている状態で、センサーのみを交換しても根本的な故障原因が解決出来ていなければ再度警告灯は点灯してしまう事になります。それではせっかく交換した新しいセンサーも駄目にしてしまいますし、整備にかける手間も時間も重複してしまいます。例えばインジェクターの故障であったり、それを制御しているエアフロメーター自体が故障しても警告灯は点灯します。O2センサーは安価なパーツではありません。しっかりと原因を突き止めてから交換を行いたいものです。

パーツ納期はどれくらい?

■パーツスペシャリスト山口のスピード対応を是非ご活用下さい!
■パーツによって、また状況によって異なりますが、今回の参考事例での納期をレポート!
午前中にお問い合わせをいただけたこともあり、本日午後には発送する事が出来ました。今回は東海地方にお住まいの方だったため翌日午前中着に無事納品完了いたしました!当社が長年培ってきた信頼のネットワークが安定したスピード対応を可能にしてくれます。今回の様に通常オーダーであれば、最短当日に商品発送出来るケースもございます。つまり、ご注文翌日にはお手元に届くことも可能なのです!商品によって、お住まいの地域によって、商品到着までの時間は異なります。どのくらいでお手元に届くのか?是非お気軽にお問い合わせ下さい!

丁寧な梱包で、日本全国へ安全に発送!

■遠方にお住まいのオーナー様もご安心下さい!
■パーツ入荷後はスタッフがしっかり検品・梱包。
■良質な商品をお届けする為に細かな作業も怠りません!

さて今回のO2センサーもスタッフが丁寧に梱包を施し発送完了しました。
例えばウィンドウガラスや、ボンネット、ヘッドランプ、精密機器、といった運送中の事故が心配な商品の発送もご安心下さい。
鈑金の先端や、ガラス表面、商品の傷付きやすい部分を重点的に補強!
ここまでも全国のお客様より信頼をいただいております!
ここ数年でネットを通じて当社を知っていただきご注文をいただく事が増えております。
はじめての方もどうぞお気軽にご連絡下さい!

輸入車パーツはパーツスペシャリスト山口にお任せ下さい

~輸入車パーツ取り寄せ、新品純正輸入パーツ、リビルト部品、社外部品~
さてGM・キャデラック エスカレードO2センサー交換について進めてきましたがいかがだったでしょうか?
O2センサーに限らず、取り寄せにあたってご自身の車に適合するパーツが解らないという方、適合パーツを探し出すのが大変だという方、そんな方は是非、輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口にお任せ下さい。純正パーツは勿論、リビルトパーツ、社外部品など輸入車全てのメーカーに対応可能です!当社は長年お付き合いのある優良輸入車パーツメーカー商品のみを取り扱っております。

初期不良であればクレームの受け入れも致しますのでご安心下さい!外車パーツの仕切り価格、高いと感じていませんか?輸入車部品定価で買っていませんか?外車パーツの事なら、この道38年輸入車パーツ専門パーツスペシャリスト山口までお気軽にお問い合わせ下さい。GM他、各外車メーカーパーツのお問い合わせはページ下部バナーから輸入車パーツお見積もりフォームをご利用下さい。

【O2センサー関連パーツ】
エアフロメーター,インジェクター,触媒,キャタライザー,ガスケット,マフラー,センターパイプ,クランプ,エキゾーストマニホールド,EGRバルブ,ガスケット,これら関連パーツも勿論対応可能ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -