2018/04/23

ロータス(lotus)パーツ取り扱い事例一部まとめ 故障時の症状と原因

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ロータスパーツ特集!輸入車パーツお役立ち情報

全国からお問い合わせいただくロータス(lotus)パーツ取り扱い事例そのほんの一部を纏めました
いつもご覧頂きありがとうございます。そして初めて当ページをご覧いただく方もご覧いただきありがとうございます。輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口が輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただけるよう毎週更新しております「輸入車パーツお役立ち情報」です。今回の更新ではロータス(lotus)の故障とロータスパーツに注目し、過去当社にお問い合わせいただいた事例を紹介させていただきます。

ロータス エスプリV8, エキシージ,ロータスエリーゼ,ケーターハムセブン,etc
様々なモデルのロータス(lotus)パーツに対応!当社へのお問い合わせ一例を紹介致します!

例えばロータス(lotus)ケーターハムセブン突然のエンジン停止によりお問い合わせいただいた事例や、ケーターハムセブン(CAT7)エンストによりオルタネーターーのご注文をいただいた事例、又はロータス・エキシージのバッテリー交換の為に「オデッセイドライセルバッテリー」を手配した事例、ロータスエキシージのオイルフィルター交換によるお問い合わせ事例などなどを参考にさせていただき、各パーツの故障時の症状やその原因、そして交換時期や試用期間目安といった交換に関する疑問をそれぞれのパーツごとに纏めております。勿論これらは当社取り扱い事例のほんの一部ですので、もしも掲載外パーツをお探しの時には是非お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。ロータス(LOTUS)をはじめ輸入車パーツでお困りの方にお役立ていただけたら幸いです。

LOTUS(lotus)CAT7(ケーターハムセブン)フェールポンプ交換
ロータス(lotus)パーツ取り扱い事例
「突然エンジンの調子が悪くなってしまった・・」そんな症状が発生してしまった時には「フェールポンプ」の不具合が関係している事があります。こちらの記事で参考にさせていただいているのはフューエルポンプの故障によってエンジンが停止してしまったというケーターハムセブンのお問い合わせです。お見積もり後すぐにご注文をいただいたのはFacetエレクトリック フェールポンプです。午前中にオーダーをいただけた為に翌日にはスムーズに発送完了いたしました。
アメリカファセット社製エレクトリックフューエルポンプですが、競技用ポンプでは圧倒的なシェアを誇るブランドのようです。この時用意したのは12v用でセットとしてホース取り付けのブラス製フィッテイングとクランプが付属されているものです。幅広い適応能力と高い耐久性を持ちながら、ポンプ自体が手軽に取り付けられるようになっています。高い気温状態や、高い標高でも安定した燃料供給が得られるとされています。

故障時の症状や原因について
リンク先ではフューエルポンプの機能や役割をはじめ、故障時の症状やその原因などにふれております。「エンジンがかかりにくくなってしまっている・・・」そんな症状はありませんか?様々な原因が考えられますがフェールポンプもそんな症状に起因するパーツの一つです。その原因にはフェールポンプ自体の不具合ももちろんですが、他関連パーツの不具合からも影響があるようです。フェールフィルター詰まりの原因とは?フェールホースがの不具合が及ぼす影響とは?
LOTUS CAT7 フェールポンプ交換

LOTUS(lotus)エリーゼ

オイルフィルター交換!
オイルフィルター不具合の症状と原因について

自動車には様々な消耗品といわれるパーツがあります。こちらで記事にしているオイルフィルターもそんなパーツの一つではありますが「エンジンオイル」や「オイルフィルター」を皆さんはどのくらいのペースで交換されていますか?こちらのリンク先ではそんなオイルフィルターの交換について纏めております。

ロータス・エリーゼ 純正オイルフィルター
オイルフィルターが詰まってしまうとどんな症状が発生してしまうのでしょうか?また交換しないままにしておくとどうなってしまうのでしょうか?本文ではそんな疑問について進行して行きます。悪循環を生み出してしまうとされる「オイルフィルターの詰まり」それはエンジン内部のピストンやシリンダーなどの金属パーツ同士の焼き付きなどに起因してしまう可能性もあると、そんな事を見聞きされた事がある方もいらっしゃるでしょう。どうでしょうか?大袈裟に感じる方もいらっしゃるでしょうか?

交換はどの位の期間で行う?
各メーカーで推奨されている交換のタイミングや、インターネット上に溢れる目安数値、実にたくさんのモノを見る事が出来ますが、それらはあくまでも目安としてご覧いただくのが良いのかなと思います。どんな地域にお住まいですか?どんな道を走る事が多いですか?毎日運転しますか?それとも週末のみでしょうか?人それぞれに違う適切な交換のタイミングについて考えてみました。
Eliseオイルフィルター交換

LOTUS(lotus)ケーターハム7・ルーカス・オルタネーターへの交換
「ロータスケーターハムセブンに使用するためのオルタネーターを」こちらのページではそうお問い合わせををいただいた事例を参考に記事を纏めております。「走行中に突然バッテリーがあがってしまい困ってしまいました・・」とおっしゃっていましたが、皆さんにはそんなご経験はありますか?

「不安定なアイドリング」と「電装系パーツ出力低下」
結果的にその原因は「オルタネーター」にあったのですが、走行中に突然バッテリーがあがってしまうなんて状況は出切るだけ避けたいものですよね。そうなる前にオルタネーターの不具合を察知する事はできないものなのでしょうか?本文ではオルタネーター故障時の症状としてその一例を纏めております。最近アイドリングが不安定になってはいませんか?ヘッドライトの光量やルームランプが暗くなっていたりしませんか?

Lucas社製オルタネーター
この時提案しお取り寄せしたルーカスのオルタネーターは、イギリス製でブラシの固定方法等に独自性と合理性が感じられる製品として評判のあるオルタネーターです。オルタネーターを交換するとなった時にも、社外品にするか?純正品にするか?と様々な選択肢の中から交換方法をお選びになるかと想いますが、もしお悩みになっている事などございましたら当社まで一度ご相談下さい。お客様にとって最適なパーツ選びが出切るようサポートさせていただきます。

オルタネーター故障 原因の一例
気になる故障の原因、それを知れたら何かしら予防や対策が出切るものでしょうか?出切ることなら修理費がかからないようにしたいものです。オルタネーターが故障してしまう原因には内部カーボンブラシの磨耗による性能の低下や、ベアリングの劣化といった事が原因の一つとしてあるようです。詳しくは是非本文をご覧下さい。
LOTUS(lotus)CAT7・オルタネーター交換

LOTUS(lotu)エキシージバッテリー交換のために

ODYSSEY(オデッセイ)カーバッテリーをお取り寄せいたしましたこちらの事例を参考にさせていただきバッテリーに関する情報を纏めてみました。オデッセイ・カーバッテリーとは?DIN端子とは?バッテリー型番の調べ方とは?他、トラブル時の注意点などについて進行していきます。

高性能バッテリーの特徴とは?
ODYSSEYカーバッテリーは電解液を液体のままバッテリー内部におさめているのではなく、細かなセルに分かれたマットに液を浸透させる事で電解液を保持しています。つまり「こぼれ出してしまう事がなく、真横に設置する事も可能」という事。液がこぼれないというのは大きな特徴であり、このバッテリーを選ぶメリットですね。さらに通常のバッテリーが電池残量70%を下回ってしまうとセルモーターでのエンジン始動に支障があるのに対してオデッセイのバッテリーは上記数値まで対応可能との事。

型番の調べ方とは?
ではカーバッテリー交換時に注意したい「型番」はどうやって調べれば良いのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方にもこちらのページをお役立ていただけたら幸いです。カーバッテリー型番の調べ方としては大きく分けて2つ。「自動車に搭載されているバッテリーを目視で確認する」・「車検証をご用意いただき17桁の車体番号をお伝えいただく」これら2つがあげられるかと思います。「目視では何処を見ればいいの?」「車体番号が準備できたらどうしたらいいの?」そんな疑問を持っていただけた方は是非本文をご覧下さい。
LOTUS(lotus)エキシージ・バッテリー交換

輸入車パーツはお任せ下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました。
大切な自動車が故障してしまった時には出来るだけ早く対応したいものです!お急ぎでの見積もりが必要な方も、入手困難なパーツをお探しの方も、よろしければ一度ご相談いただけたら幸いです。当社は欧州車やアメ車は勿論全ての輸入車パーツに対応し適切なパーツ特定・迅速な対応力をご評価いただいております!是非一度お問い合わせ下さい!

適正パーツを準備するには?

例えば交換作業等を整備工場やディーラーにお願いしたいが、交換部品は自身で準備したい!と「持ち込み整備」を依頼を行われる方も近年多くいらっしゃいます。当社は多くの個人ユーザー様にもご利用いただいておりますので、もしも初めてご覧いただているユーザー様がいらっしゃいましたら先ずはお気軽にご連絡下さい。

コストを出来るだけ抑えたい・・
希少部品が見つからない・・
社外品やOEM製品・・
適合パーツがわからない・・

そんなふうにお困りの方もいらっしゃるでしょうか?

この道38年築きあげた独自ルートで

輸入車パーツをお探しの時には当社に一度ご連絡下さい。この道38年で築き上げた独自ルートから、お客様のご要望にそった外車部品を提案・調達致します!この道38年、積み重ねた経験と、築き上げた独自のルートを活かし、あなたの部品探しのサポートをさせていただきます!
top page
history
パーツスペシャリスト山口ウェブトップページへは「top page」からどうぞ!
「車が好き」その想いから始まったこれまでの歩み、そして会社の歴史をまとめておりますページへは「history」からどうぞ。

冬本番を迎える時期に!
冬を迎える時期になると「暖房が効かなくなってしまった・・!」「エンジンがかからなくなってしまった・・!」・・と、ポルシェに限らず自動車にはそういったトラブルが発生しやすくなってきます。またレジャーや帰省で出かける事も多くなってくるかと思いますが、スタッドレスタイヤに履き替えるように降雪地域では通常のワイパーから「スノーブレード」への交換が必要になってくる事も。エンジントラブルに起因するパーツや、暖房が効かない時の原因となるパーツ、そんな輸入車パーツを纏めておりますので輸入車パーツでお困りの方々にお役立ていただけたら幸いです。

winter car trouble
Heater Snow Blade
Engine

輸入車足回り関連のトラブル
雪道走行の機会も増える冬の時期、自動車足廻り関連の故障も気になる所ですよね。上記リンク先のページではそんな自動車足廻りパーツに注目し、各カテゴリーで代表的なパーツをピックアップしております。ディスクパッドやブレーキローター、マスターシリンダーといったブレーキ関連パーツ、またステアリングギアボックスや、ステアリングラック、パワステといったステアリング関連パーツ、そしてショックアブソーバーやスタビライザーといったサスペンション関連パーツ、これら輸入車パーツ情報をお求めの方にお役立ていただけたら幸いです。

chassis trouble
Brake
Steering
Suspension

輸入車パーツ専門店パーツスペシャリスト山口がお送りしております「輸入車パーツお役立ち情報」今回の更新も最後までごらんいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください